17年7-9月決算、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー、第3四半期はQonQで減収減益 主力の『パズドラ』...

ガンホー、第3四半期はQonQで減収減益 主力の『パズドラ』はMAUの減少続く 開発中の新作は世界展開前提のタイトルで11本

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、11月2日、第3四半期累計(17年1~9月)の決算説明資料と決算補足資料を公開した。

同社の発表した第3四半期(7~9月)決算は、売上高は前四半期比(QonQ)で11.1%減の208億4000万円、営業利益は同6.1%減の87億3700万円、経常利益は同5.8%減の87億8300万円、四半期純利益は同0.9%減の59億600万円と減収減益となった。

 


同社の説明によると、売上高の減少については、主力タイトルである『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』とその他タイトルの売上高が減少したことによる。『パズドラ』については、ユーザー数は高水準を維持しているものの、MAU(月次アクティブユーザー数)がゆるやかな減少傾向が続いているとのこと。これに伴い、売上も減った。

 


また、減収を受けて、営業利益も前四半期比でマイナスとなった。営業利益の減少率が売上のそれに比べて抑えられたが、これは広告宣伝費の効率化を図ったことによる。国内で引き続き『パズドラ』のテレビCMを行ったが、広告宣伝の効率化を図ってきたことで、広告宣伝費は前四半期比34%減らしたそうだ。

なお、新規タイトルについては、スマートフォン向けや家庭用ゲーム機向け、VRなど新分野向けに11本のパイプラインがあるとのこと。これまでの発表どおり、日本市場を見据えた開発から“グローバル配信”前提のゲーム開発に取り組んでいる。注目すべき動きだが、新作についての追加情報はなかった。ゲーム性やクリエイティブに強いこだわりを持つ会社だけにリリースの近い段階で発表となりそうだ。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ガンホー・オンライン・エンターテイメント17年7-9月決算

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高1543億2900万円、営業利益724億2500万円、経常利益726億600万円、当期純利益434億3200万円(2015年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事