17年7-9月決算、GMOインターネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > GMO、第3四半期は増収・減益 FXサービスでポンド円取引が...

GMO、第3四半期は増収・減益 FXサービスでポンド円取引が前年同期に比べて減少 モバイルゲームは事業再編で立て直しへ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
GMOインターネット<9449>は、11月6日、第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表し、売上高1124億0900万円(前年同期比12.5%増)、営業利益119億8900万円(同7.6%減)、経常利益117億6800万円(同6.5%減)、最終利益37億8400万円と増収減益となった。

 


同社では、売上高については2ケタの伸びとなったが、決済事業を中心にインターネットインフラ事業が好調だったため。減益となった要因については、インターネット金融で英国のEU離脱を受け活発な取引があった高収益通貨ペアであるポンド円取引が減少したこと、2月から3月に一時的な収益率の低下があったこと、そして、その他事業においてブランディングのための一時的な損失計上を行った、としている。

なお、モバイルエンターテイメント事業の売上高は7億3600万円(同57.6%減)、営業損益3億1200万円の赤字(前年同期は3億7100万円の赤字)と減収・赤字幅縮小となった。同社では、今後は、GMOゲームポット、GMOゲームセンター、シンクラウドの3社を吸収合併8するが、組織再編により、コストコントロールを徹底するとともに、内製化と運用ノウハウの蓄積によりきヒットタイトルの創出に取り組む、としている。

 


2017年12月通期は、売上高1450億円(前期比7.4%増)、営業利益190億円(同11.7%増)、経常利益185億円(同10.9%増)、最終利益80億円(同10.6%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年7-9月決算GMOインターネット

企業情報(GMOインターネット株式会社)

会社名 GMOインターネット株式会社
URL http://www.gmo.jp/
設立 1991年5月
代表者 熊谷正寿
決算期 12月
直近業績 売上高743.7億円、営業利益91.4億円、経常利益91.7億円、当期純利益45.1億円(2012年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9449

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事