17年7-9月決算、ミクシィに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ミクシィ、第2四半期は『モンスターストライク』堅調で増収増益...

ミクシィ、第2四半期は『モンスターストライク』堅調で増収増益 「チケットキャンプ」などメディアPF事業も収益改善【追記】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ミクシィ<2121>は、11月8日、第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表し、売上高932億円(前年同期比7.6%増)、営業利益369億円(同7.7%増)、経常利益371億円(同9.8%増)、最終利益251億円(同9.9%増)と増収増益だった。
 


■エンターテインメント事業
売上高862億円(同8.6%増)、セグメント利益390億円(同5.9%増)だった。主力タイトル『モンスターストライク』の売上が引き続き伸長した。

国内外で、TVCMや屋外広告等のプロモーション、eスポーツ促進を含むリアルイベントの実施、グッズの製作、映画や人気アニメとのタイアップ、オリジナルアニメの配信や劇場版公開などに加え、グッズ販売等を 行う常設店舗を東京・渋谷にオープンした。

また、ゲーム利用者数は2017年1月には全世界4000万人を突破。サービスのライフタイムの長期化を目指し、アプリ内外でのユーザー還元の実施、映像・ソフトウェアの充実、マーチャンダイジングなどのゲーム以外の領域の確立、新規タイトルの開発などを行った。


■メディアプラットフォーム事業
売上高70億円(同3.0%減)、営業利益16億円(同75.3%増)と収益が大きく改善した。

チケットフリマサービス「チケットキャンプ」は、2017年3月に登録会員数が 300万人を突破するなど流通総額及び利用者数ともに順調に拡大した。また、家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」は、2017年10月には利用者が200万人を突破し、7月より英語対応も開始した。このほか、新規事業の立ち上げを加速するための先行投資を行ったという。



■2018年3月通期の見通し
2018年3月通期は、売上高2000億円(前期比3.5%減)、営業利益700億円(同21.4%減)、経常利益700億円(同20.9%減)、最終利益480億円(同19.8%減)と減収減益を見込む。
 



【追記】
第2四半期(7~9月)の業績は、売上高450億円(前四半期比6.6%減)、営業利益166億円(同17.4%減)、経常利益169億円(同15.6%減)、最終利益114億円(同16.6%減)と減収減益だった。四半期別にみた売上高と営業利益の推移は以下のとおり。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年7-9月決算ミクシィ

企業情報(株式会社ミクシィ)

会社名 株式会社ミクシィ
URL http://mixi.co.jp/
設立 1997年11月
代表者 森田仁基
決算期 3月
直近業績 売上高2087億円、営業利益950億円、経常利益947億円、最終利益610億円(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2121

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事