17年7-9月決算、コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【コロプラ決算説明会】QonQでは増収増益に…3周年イベント...

【コロプラ決算説明会】QonQでは増収増益に…3周年イベントで『白猫PJ』が躍進 「FY18はFY19以降に向けた仕込みの年に」(馬場社長)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

コロプラ<3668>は、11月8日、2017年9月期の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。同日発表した決算は、売上高522億円(前の期比38.3%減)、営業利益129億円(同59.4%減)、経常利益129億円(同58.7%減)、最終利益86億円(同58.0%減)と大幅な減収減益での着地となった。

決算説明会では、同社の馬場社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。その内容も踏まえつつ、業績数字の内容を中心に会見の様子をまとめてみた。


■QonQでは増収増益、3周年イベントで『白猫PJ』が躍進


まずは業績を四半期推移(QonQ)で見ると、売上高140億円(前四半期比28.5%増)、営業利益30億円(同24.6%増)、経常利益28億円(同22.7%増)、最終利益22億円(同43.4%増)と前四半期比では増収増益を達成した。これは、3周年イベントを実施した『白猫プロジェクト』(以下『白猫PJ』)が大きく躍進したためだという。それにより、売上高は第1四半期までの水準とほぼ同水準まで回復した。
 

ただ、その一方で、販管費が前四半期比で42.2%の増加となっている。これは前述した3周年イベントのプロモーションを実施したことが大きな要因で、広告宣伝費は前四半期比7億8000万円増の15億5000万円に膨らんでいる。

ちなみに広告宣伝比率は11.1%と、同社が基本線としている10%を上回る状態となっており、かなり厚めにプロモーションを展開したことが見て取れる。また、費用の中でその他の項目が増加しているが、これは『バトルガール ハイスクール』のアニメ化関連費用が増加している分となっている。
 

グループの従業員数は、この第4四半期末は前四半期末で微減となっており、大きな変動はない格好だ。ただし、グループ内の組織変更がほぼ完了し、新作開発体制も整ったことで、今期(2018年9月期)は、「人への投資、採用を強化する」(馬場社長)としていた。
 
 

■4Qは『プロ野球バーサス』が四半期フル寄与、『パニパニ』も収益貢献


アプリのリリース年度別の売上推移は、3周年イベントにより『白猫PJ』主体のFY14ものが大きく伸長した。また、『プロ野球バーサス』の四半期フル寄与や新作『PaniPani-パラレルニクスパンドラナイト-』の配信開始により、FY17ものがQoQで増収となった。
 
 

■今期は来期以降に向けた仕込みの年に


なお、2018年9月期通期の連結業績予想は、売上高500億円(前期比4.3%減)、営業利益80億円(同38.1%減)、経常利益74億円(同42.6%減)、最終利益51億円(同41.3%減)と大幅な減益となる見通し。減益となる主な要因は「ロイヤリティの増加」と「人件費の増加」で、人件費の増加については、新規スマホアプリ開発の活性化によるもので、「FY18はFY19以降に向けた仕込みの年になる」(同)としていた。
 
 

■まとめ


社内の組織体制を事業部制から変更して、人材の有効活用が可能な体制に変更する改革が一巡し、次は新作の開発強化に進んでいくタイミングとなるが、これらの成果が実るのは今期(2018年9月期)よりも来期(2019年9月期)と思われる。

著名クリエイターを起用した新作『アリス・ギア・アイギス』や、同社初の女性向けゲーム『DREAM!ing』など発表済みの新作もどのくらいの時期にリリースとなるのかまだ分からないが、リリース済みの『ディズニー ツムツムランド』ともども新作がどのくらい業績を押し上げることができるのかが、保守的な同社の今期業績予想の変動要因となりそうだ。
 
 
(編集部:柴田正之)


【関連記事】
【決算説明会速報①】コロプラ、開発パイプラインは過去最高レベルの9本に 「来期以降の反転攻勢に向けて開発を積極化」(馬場社長)

【決算説明会速報②】コロプラ、『ツムツムランド』好発進は今後のIP獲得への「1つの実績に」(馬場社長) 『パニパニ』は今後TVCMなどプロモを本格化へ

【決算説明会速報③】コロプラ、今期の利益率低下の大きな要因は「ロイヤリティの増加」と「人件費の増加」 今期は「人への投資、採用を強化」(馬場社長)
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年7-9月決算コロプラ

企業情報(株式会社コロプラ)

会社名 株式会社コロプラ
URL http://colopl.co.jp/
設立 2008年10月
代表者 馬場功淳
決算期 9月
直近業績 売上高847億円、営業利益318億円、経常利益312億円、当期純利益207億円(2016年9月期連結業績) 
上場区分 東証一部
証券コード 3668

株式会社コロプラの求人情報

3DCGゲームグラフィッカー

『白猫プロジェクト』『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『バトルガール ハイスクール』といった、 スマートフォンネイティブアプリにおける3Dデザインに関する制作全般に携わっていただきます。 既存タイトルはもちろん、新規タイトル立ち上げに携わって頂くこともあります。 プロジェクトを...

サーバサイドエンジニア

スマートフォン向けネイティブアプリの開発・運用(サーバサイド)をご担当頂きます。 『白猫プロジェクト』『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『バトルガール ハイスクール』といった、 既存タイトルの開発・運営はもちろん、新規タイトル立ち上げに携わって頂くこともあります。 ソーシャルゲーム...

ゲームプランナー/ゲームデザイナー

『白猫プロジェクト』『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『バトルガール ハイスクール』といった スマートフォン向けネイティブアプリのゲームプランナーを募集いたします。 プロジェクトには専任で携わって頂き、ゲームの企画・仕様作成から開発・運用まで全ての工程を お任せ致します。状況や能...

株式会社コロプラのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事