アエリアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/10)】軟地合い下でケイブやアエリアが...

【ゲーム株概況(11/10)】軟地合い下でケイブやアエリアが買われる 『DQライバルズ』好調持続でトーセも高い 決算通過のオルトプラスやKLabが大幅安

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
11月10日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続落となり、前日比187.29円安の2万2681.42円で取引を終えた。サウジアラビアとイランの対立激化による中東の地政学リスクの高まりなどを嫌気し、朝方から売り物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ケイブ<3760>やアエリア<3758>が軟地合いの中で買われた。アエリアは、来週11月14日に第3四半期決算の発表を予定しているが、第2四半期までの実績を踏まえ、好決算発表を期待した先回りが入っている部分があるようだ。

【関連記事】
【決算カレンダー】ゲーム関連企業の7~9月決算も後半戦に…『エムステ』の収益寄与が注目されるアカツキ、KLabは期中に『うたプリ』が配信開始に
 

また、『ドラゴンクエストライバルズ』の好調が続くトーセ<4728>のほか、この日の大引け後に決算発表を予定していた日本一ソフトウェア<3851>やガーラ<4777>も買われた。

半面、コロプラ<3668>が大幅続落となり、前日11月9日に決算発表を行ったオルトプラス<3672>やKLab<3656>も大幅安した。

周辺株では、前日に2018年3月期の連結業績予想の下方修正を発表したフリュー<6238>の下げがきつい。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アエリア

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高59億600万円、営業損益15億9600万円の赤字、経常損益14億2000万円の赤字、当期純損益21億4700万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事