17年7-9月決算、マイネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > マイネット、3Qは売上高2倍、営業益63%増に 7~9月は仕...

マイネット、3Qは売上高2倍、営業益63%増に 7~9月は仕入れを抑えて持続的な成長構造の確立に注力 協業スキームからのステップ買取も活用へ(グラフ追加・追記)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
マイネット<3928>は、11月13日、2017年12月期の第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表、売上高88億8300万円(前年同期比2.0倍)、営業利益3億2800万円(同63.1%増)、経常利益2億9400万円(同53.0%増)、四半期純損益1億3400万円の赤字(前年同期1億6400万円の黒字)となった。
 

第3四半期期間は、前四半期において事業領域の拡大に伴うリスクの顕在化、タイトル仕入時における不十分な品質管理による一時的な収益性の悪化に伴い、仕入れを抑え、持続的な成長構造の確立をすることに注力した。具体的には、運営体制を強化するためにグループの全タイトルを適切なタイトル数やジャンルごとに区分けしてマネジメントを行うユニット体制を導入した。また仕入体制に関しては、投資基準の精度向上や投資スキームの拡充、また評価プロセスの改善・整備などを行うことにより、仕入時の品質管理を徹底できる仕組みと体制を構築した。

また、今後の仕入戦略において、大型タイトルの減損リスクを低減するために、協業スキームからのステップ買取も活用していくこととした。その他、リスタートタイトルの継続的なチャレンジや、長期利益化のために自動運転化やパートナー移管を着実に進めた。

なお、第3四半期連結累計期間においては、協業からのスキーム変更を含め7タイトルの仕入れ(第3四半期期間は仕入れを行わず)と3タイトルのエンディング(第3四半期期間は2タイトル)を行った。結果、第3四半期末の全運営タイトル数は37タイトルとなった。

■QonQでは各利益項目とも黒字転換を達成
業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、第3四半期期間の売上高は前四半期比4.8%増と30億6300万円なり、営業利益以降の各利益項目は前四半期の赤字計上からいずれも黒字に転換した。前述の仕入れを抑え、持続的な成長構造の確立をすることに注力した取り組みが一定以上の成果を発揮したとみて良さそうだ。
 

2017年12月期通期の予想については、レンジ形式による予想を開示しており、売上高119億~120億円(前期比75.0~76.4%増)、営業利益4億6000万~5億1000万円(同8.2%減~1.8%増)、経常利益3億5000万~4億円(同14.8%~2.7%減)、当期純利益2000万円~6000万円(前期は8億8200万円)としている。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年7-9月決算マイネット

企業情報(株式会社マイネット)

会社名 株式会社マイネット
URL http://mynet.co.jp/
設立 2006年7月
代表者 上原 仁
決算期 12月
直近業績 売上高29億6400万円、営業利益1億4500万円、経常利益1億3100万円、当期純利益9500万円(2015年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3928

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事