ワンダープラネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ワンダープラネット、2017年8月期は46%増収も営業赤字幅...

ワンダープラネット、2017年8月期は46%増収も営業赤字幅が3.3億円→5.6億円に拡大…『クラッシュフィーバー』を展開

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ワンダープラネットは、12月15日付の『官報』に第5期(2017年8月期)決算公告を掲載し、売上高26億6900万円(前の期比46.3%増)、営業損益5億6100万円の赤字(前の期3億3000万円の赤字)、経常損益6億1000万円の赤字(同3億3000万円の赤字)、最終損益7億0900万円の赤字(同2億7400万円の赤字)と増収・赤字幅拡大となった。

同社は、スマートフォンゲームアプリ『クラッシュフィーバー』を提供しており、日本だけでなく、台湾や香港、マカオなどでもヒットさせている。また、LINEとの共同開発タイトルとして『LINE グラングリッド』をリリースしたが、8月をもってサービス終了となっている。

このほか、7月には第三者割当増資で10億円を調達し、版権ゲームの準備や主力の『クラッシュフィーバー』の運営強化に充当する方針も明らかにしている。

【関連記事】
ワンダープラネット、第三者割当増資で10億円を調達…『クラッシュフィーバー』の運営強化や大型版権ゲームの準備に充当

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(ワンダープラネット株式会社)

会社名 ワンダープラネット株式会社
URL http://wonderpla.net/
設立 2012年9月
代表者 常川 友樹
決算期 8月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事