日本一ソフトウェアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(12/25)】全般にさえない動きの中で日本一...

【ゲーム株概況(12/25)】全般にさえない動きの中で日本一ソフトが小高い 「トリニティセブン」題材の新作発表もシリコンスタジオは買い続かず

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
12月25日の東京株式市場では、日経平均株価は続伸し、36.42円高の2万2939.18円で取引を終えた。25日はアジアや欧米で多くの株式市場が休場なこともあり、売買代金1兆5000億円台の低調な商いの中で、後場に入って日銀のETF(上場投資信託)買い観測が市場を下支えした。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全般にさえない動きが目立つ中で、サイバーエージェント<4751>やミクシィ<2121>、バンダイナムコHD<7832>などがしっかりとした推移となった。

また、クローバーラボと共同開発中の『魔界ウォーズ』の特番を12月27日に実施する予定(関連記事)の日本一ソフトウェア<3851>が小高い。

半面、オルトプラス<3672>やenish<3667>、gumi<3903>、ドリコム<3793>などの下げがきつく、エディア<3935>も続落した。

シリコンスタジオ<3907>は、「トリニティセブン」を題材にした新作スマートフォン/PC向けゲームを発表(関連記事)し、後場に入って一時は2427円まで値を戻したものの、結局は2300円台半ばまで沈んだ。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 日本一ソフトウェア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事