Beat Box OrchestAR、トランスコスモス、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > トランスコスモスと吉田正樹事務所、『Beat Box Orc...

トランスコスモスと吉田正樹事務所、『Beat Box OrchestAR』を配信開始 様々なサウンドを組み合わせて曲を完成させよう!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


トランスコスモス<9715>は、吉田正樹事務所と共同で、ヒューマンビートボクサーDaichi監修のスマートフォンアプリ『Beat Box OrchestAR』を開発し、1月12日より配信開始したと発表した。

<以下、プレスリリースより>

ヒューマンビートボックスとは、楽器を一切使わず自分の口から出す音だけで音楽を奏でるパフォーマンスです。ドラムの音だけを表現するボイスパーカッション(ドラム)に加え、スクラッチ、ベース、クラップ、ノイズ、など、さまざまな音を織り交ぜ音楽を完成させます。ヒップホップ文化の黎明期から生まれたスキルで、ダンスバトルのように技を競いあって楽しむことができます。

トランスコスモスはこれまでDaichi監修のアプリとして、「Human Beat Box GAME」、「Human Beat Box LESSON」をリリースしてい ます。第3弾となるビートラでは、より多くのユーザーに楽しんでいただくために、特殊なデバイスを使うことなくスマートフォンだ けで AR 体験が可能なモバイル AR 技術を活用して開発しました。マーカー(楽器カード)を Daichi 公式 HP からダウンロードし、 プリントアウトしたマーカー(楽器カード)にスマホカメラをかざすとDaichiが出現し、さまざまな楽器を演奏するDaichiの組み合わ せを変えながらPLAYを楽しむことができます。 

■マーカー(楽器カード) ※一部抜粋


■PLAY中イメージ 


▼マーカー(楽器カード)のダウンロードはこちらから
http://daichibeat.jp/beatboxorchestar.html

■ビートラの特徴
1. 複数コンテンツが連携
一般的なAR アプリの多くは1マーカーにつきひとつのオブジェクトしか表示できませんが、ビートラでは複数のマーカーを同時 に認識し、マーカーにひもづく音と映像を同時に表示することによって作曲を楽しむことができます。 
2. 表示アングルを自動調整
スマホカメラでマーカーを読み取ってスマホのスクリーンに映し出される AR 映像を確認しつつ、さらに手でマーカーを追加した り減らしたりしながらプレイするというダイナミックな遊び方がビートラの醍醐味。そこで肝となるのが表示されるAR 映像の角度 です。プレイ中に手でマーカーを整列させるのは難しく、ラフなマーカー操作でも安定した AR 映像を表示するためにチューニン グを重ね、どの角度からマーカーにカメラを向けても、表示されるAR 映像が安定してカメラに向くようにこだわっています。 
3. シームレスなサウンド表現
ビートラでは複数のマーカーをリアルタイムに組み合わせを変えながらプレイするため、音のつなぎ目をなくす必要がありまし た。そのため、短い音声でもつなぎ目なくループ再生させることや、複数音声の再生ポイントを最適なタイミングで重ね合わせ て調和を生み出すチューニングにこだわり、「夢中でプレイできるAR アプリ」を実現しました。 


■関連サイト
 

App Store

Google play

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( トランスコスモスBeat Box OrchestAR

企業情報(トランスコスモス株式会社)

会社名 トランスコスモス株式会社
URL http://www.trans-cosmos.co.jp/
設立 1985年6月
代表者
決算期 3月
直近業績 売上高1663億3500万円、営業利益72億5300万円、経常利益85億700万円、当期利益49億1900万円(2013年3月期)
上場区分 上場
証券コード 9715

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事