17年10-12月決算、マーベラスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > マーベラスの音楽・映像事業は高成長続く 『刀剣乱舞』と『あん...

マーベラスの音楽・映像事業は高成長続く 『刀剣乱舞』と『あんスタ』など人気舞台公演がけん引 6四半期連続で売上高10億円超え

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
マーベラス<7844>の音楽・映像事業の好調が続いている。先日発表した第3四半期累計(17年4~12月)の同事業の業績は、売上高が前年同期比15.4%増の37億0900万円、セグメント利益は同42.3%増の14億0900万円と大きく伸びた。

第3四半期累計でセグメント利益が10億円台に乗せたのは今年が初めてとなる。またセグメント利益ではオンライン事業を上回り、コンシューマ事業に接近した。ボラティリティの大きいゲーム事業に業績が左右されがちな同社にあって、音楽・映像事業は安定的に収益を稼げる事業としてひときわ大きな存在感を放っている。

▲音楽・映像事業は、公演の状況によって四半期ごとに変動はあるものの、6四半期連続で売上高10億円を超えた。セグメント利益も4四半期連続で3億円を超えた。


音楽・映像事業ではアニメや舞台公演などを行っているが、その好調の要因は、2次元のマンガやアニメ、ゲームを原作とする舞台公演の興行成績や二次利用収入が伸びていることがあげられる。とりわけ、「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」と、「舞台『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights」が全体の伸びをけん引した。「舞台『ジョーカー・ゲーム』」や「B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』も好評だったとのこと。

 


続く第4四半期(18年1~3月)は、例年収益が集中する傾向にあるが、最高業績を更新する可能性がある。続『刀剣乱舞-花丸-』や『Fate/EXTRA Last Encore』『HUGっと!プリキュア』など話題のアニメ作品を手がけるほか、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the shining future~、B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』 REMiX、舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格~などの舞台作品を上演する。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社マーベラス)

会社名 株式会社マーベラス
URL https://www.marv.jp/
設立 1997年6月
代表者 中山晴喜
決算期 3月
直近業績 売上高318.20億円、営業利益54.18億円、経常利益52.28億円、当期純利益36.02億円(2016年3月期
上場区分 東証一部
証券コード 7844

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事