Shadowverse(シャドウバース)、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【RAGE Shadowverse Chronogenesi...

【RAGE Shadowverse Chronogenesis】東日本予選に約6000名のプレイヤーが集結 筆者もRAGEに挑戦! その結果や如何に……!?

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

CyberZは、2月3~4日の期間、Cygamesの本格スマホカードバトル『Shadowverse』を種目として採用したe-Sports大会「RAGE Shadowverse Chronogenesis」東日本予選を、東京ビッグサイト 東7ホールにて開催している。

「RAGE Shadowverse Chronogenesis」予選大会は、東日本・西日本にてあらかじめ抽選に通った8000名(東日本予選:6000名、西日本予選:2000名)の選手が参加。この中から、勝ち上がった計8名の選手(東日本予選:6名、西日本予選:2名)が、3月21日に幕張メッセにて開催される「GRAND FINALS」へと進出できる。

本稿では、2月3日に実施されたDay1の会場の模様をレポートしていく。また、今回は筆者である消滅亭やまはんも大会に参戦させていただいた。ゲームの大型大会への参加経験は乏しい筆者だが、だからこそ伝えられる現場で感じた臨場感や心のありようを共にお伝えできればと思う。なお、予選大会は明日(2月4日)も開催されるため、具体的な相手との対戦内容や使用カードについては触れることはできないことをご了承いただきたい。

なお、OPENREC.tvではフィーチャーマッチとして配信された試合が視聴可能となっている。

【OPENREC.tv】
東日本予選Day1:https://www.openrec.tv/live/NzG11mC7PB7


■2018年初となるRAGEがいよいよ開幕!

今回、東日本予選大会が行われたのは、RAGE vol.5「GRAND FINALS」の会場にもなった東京ビッグサイト 東7ホール(関連記事)。

 
▲東京ビッグサイトは「国際展示場駅」を降りてすぐ目の前だが、東7ホールまでは少し距離があるので、明日、会場へ向かう予定の方は行動に少し余裕を持つことを心掛けたい。

会場に着くと、出場選手はまず大会参加受付にて事前に送られたQRコードや身分証を提示し、大会への登録を済ませる必要がある。その後は、選手説明があるまで「対戦エリア」にて待機となった。



選手説明の後にマッチアップが発表されて対戦が始まるのだが、Day1となるこの日は、約6000名の選手が参加する。そのため、タームを2つ(グループをA~Dの4つ)に分けて開始時間をずらし、会場が一度に込み合わないような工夫がなされていた。筆者は第1タームのAグループだったため朝8時ごろからの参戦となったのだが、会場には既に戦う者特有の独特な雰囲気が漂っていた。

 
 
▲互いにリスペクトを送るため、試合前には拍手、試合後には握手で締めるというのもRAGEの恒例となっている。

RAGEという大会に参加してみて強く感じたのは、賞金制の大会であるにも関わらず、物凄く裾野が広いということ。数ヶ月~数年をかけて本気で取り組まれている方々はもちろん、『シャドウバース』というゲームをきっかけに交流が生まれたり、自分の実力を試してみたいという気軽なきっかけから参加している方も少なくはないのではないだろうか。特に、本大会は参加費が無料であることによって「ゲーム大会への参加」というハードルが下がっていたり、「GRAND FINALS」での豪華な演出、優勝選手の扱いを見た人が「あの場所に立ってみたい」と憧れを抱くようになり、より多くの人が出てみたいと思うようになっているのではないだろうか。そうした要因が、短期間のうちにRAGEを今の規模にまで押し上げているのではないかと感じた。


▲話を伺う中では、他県など遠方から足を運んでいた方も。

さて、筆者の試合の方はというと、ノンプレッシャーで挑んだ1回戦こそ普段通りのプレイができ運も味方して勝利することができたのだが、2回戦を前にして「いよいよ始まった」という実感から気持ちが浮ついてしまいプレイミスを連発……。よくスポーツ選手などが口にする「会場の空気に飲まれる」とはこういうことなのだろうなというほど、自身のプレイに精細さを欠いてしまった。そういう意味では、競技性の強いゲーム、特にこうした大型大会のような場はある種の「メンタルスポーツ」と言っても過言ではないのかもしれない。

 

▲試合後は結果報告用紙に勝敗を記入し、お互いにサインをしたうえで二人でジャッジステーションへと用紙を提出しに行く。僅かながらも移動や待ち時間があるので、対戦後に相手と道すがら会話をできるのは、ひとつ楽しいポイントでもあり貴重な体験になること間違いなしだ。

Day1はスイスドロー方式5回戦(BO3)を行い、4勝0敗および4勝1敗の選手がDay2へと進出できる。グループ全員の対戦が終わるまでは次の試合が組めないため、試合間隔はおおよそ1時間ほどの幅が取られていた。とはいえ、中には早々に対戦が終わる組もあり、思わぬ待ち時間が発生することも。次の試合まで集中力を切らさず、しかして頭脳のリフレッシュを入れる意味でもこの待ち時間の使い方は非常に重要だ。周りを見ると、友人たちとお互いに対戦結果を語り合い環境分析をする者、1人の世界に入って集中力を高める者、時間の使い方は様々だ。ちなみに、筆者はモバイルバッテリーの持参を忘れて充電コーナーへとそそくさと向かう者だった……。


▲充電コーナーにはいくつかケーブルが用意されており、常に人がいっぱいの状態だった。電池切れの恐怖と戦わずに済むよう電池を確保していると、他の選手との会話が生まれることも。同じ『シャドウバース』を遊んでいる仲間同士、「どんなカードを使っているか」「今日の対戦がどうだったか」「事前に何を考えて大会に挑んできたか」など、話すことは尽きず必然と会話は弾む。

スイスドロー方式では、同じ戦績のもの同士で対戦が組まれる。つまり、ここからは負けたら後がない土俵際の戦いを強いられることになるのだ。

ここから、筆者はさらにRAGEの深淵を見ることになる。3回戦、4回戦と結果だけを見るとストレート勝ちで駒を進めることができたのだが、これは偏に初戦を制することができたのが非常に大きかったと分析する。逆に、後がない状況で初戦を取られてしまうと、慣れていない環境での対戦ということもありプレッシャーからまともにプレイできていたかすら怪しい。一歩間違えば危うかったかもしれないという状況で、この日、持ち込んだドラゴンが負けなしと功を奏し、5回戦にも勝利して4勝1敗という結果でDay2へと進出することができた。

 


そうして約半日がかりで長丁場を戦い抜いたときに得られる解放感は、結果に関わらず一入だ。もし、これまで参加を躊躇っている方がいたら、是非、一度RAGEに挑戦してこの感覚を味わっていただきたい。1人で参加してもどこかの場面で他の選手との会話が生まれたり、楽しい思い出になることは間違いない。


▲こちらはDay2進出者にプレゼントされるモバイルバッテリー。本日のようにならないためにも、明日はバッチリ準備して会場に向かいたい。


■みんなでワイワイ観戦&豪華景品がもらえる充実のサイドイベント

ここからは、予選大会のほか来場者向けに行われていたサイドイベントやブースの様子を見ていこう。これらのイベントはDay2でも実施される予定のため、来場予定のある方はしっかりとチェックしておいて欲しい。

●4人フライト式トーナメント
来場者で4人一組のトーナメントに参加できるサイドイベント。対戦ルールは、通常対戦(ローテーション)、通常対戦(アンリミテッド)、2Pick対戦が用意されており、シングルエリミネーション方式2回戦(BO1)を勝ち抜くことで、第7弾カードパック「Chronogenesis / 時空転生」リアルプロモーションカードが1枚もらえる。


 

●スタンプラリー
会場内の各種サイドイベントに参加してスタンプを集めると、豪華景品の当たる抽選会に参加できる。景品には、第7弾カードパック「Chronogenesis / 時空転生」リアルプロモーションカードや、RAGEオリジナルステッカーのほか、『シャドウバース』関連のグッズなどが用意されている。

 


●フォトエリア
第7弾カードパック「Chronogenesis / 時空転生」のキービジュアルを使用した特製パネルを設置。また、時間によってはマスコットキャラのクレイゴーレムが登場していたほか、フォトエリアで撮影した写真にハッシュタグ「#RAGEesports #シャドウバース」をつけてSNSに投稿すると、スタンプラリーシートにスタンプを1個もらえる。



●グッズ販売コーナー

各種『シャドウバースグッズ』、RAGEオリジナルグッズの販売が行われているコーナー。Tシャツやタオル、缶バッジなど様々な商品が見られた。


 

●リンクスメイトブース

こちらは、『シャドウバース』と連携することで特典をゲットできる格安SIM「リンクスメイト」に入会できるブース。会員の方にはモバイルバッテリーの貸し出しなども行われていた。

 

●フィーチャーマッチエリア

注目の一戦が配信されるフューチャーマッチエリアは常に人だかりができていた。友人らと観戦しながら戦術についてあれこれ話し合うプレイヤーの姿も数多く見られた。



 
 

●飲食エリア

上記でご紹介したフィーチャーマッチエリアと隣接しているため、食事をしながらの観戦も楽しみやすい環境となっていた。

 

●「2Pick」トーナメント

また、予選大会Day2では、当日エントリーも可能な「2Pick」の賞金制大会を開催。本日より、参加申し込みが開始されていた。なお、本大会は6勝0敗で賞金10000円のほか、2勝するごとに『シャドウバース』関連グッズが必ず当たる抽選会に参加できるとのこと。

 
【定員】
各会場 256名

【対戦ルール】
・2Pick対戦
・スイスドロー方式6回戦(BO1)
・1試合ごと8分間の制限時間内に2Pickデッキを作成し対戦

【賞金・賞品】
6勝0敗:賞金10,000円、Shadowverse関連グッズ抽選権3回
5勝1敗:Shadowverse関連グッズ抽選権2回
4勝2敗:Shadowverse関連グッズ抽選権2回
3勝3敗:Shadowverse関連グッズ抽選権1回
2勝4敗:Shadowverse関連グッズ抽選権1回

●有名プレイヤー対戦&デッキ相談会
そのほか、こちらもDay2限定で『シャドウバース』の有名プレイヤーと対戦やデッキについて相談ができるサイドイベントが実施される。

こうして「RAGE Shadowverse Chronogenesis」東日本予選Day1は幕を閉じたが、引き続き明日もレポートをお届けしていく予定なので、Day2の模様についても楽しみにお待ちいただきたい。

 
(取材・文 編集部:消滅亭やまはん)


 

RAGE公式サイト

 
■『Shadowverse』(アプリ版)
 

App Store

Google Play

公式サイト

公式twitter

 
■『Shadowverse』(PC版)
 

DMM GAMES版

Steam版


 
© Cygames, Inc.
Copyright (C) since 1998 DMM All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CygamesRAGEShadowverse(シャドウバース)

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL http://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

シナリオライター

ゲームの世界観をテキストで表現する業務です。 クエストストーリー、イベントストーリーや、ゲームに出てくるキャラクターのシナリオ、フレーバーテキストの作成、各種発注・調整業務をして頂きます。

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL https://cyber-z.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事