17年10-12月決算、ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報】DeNA、3Qは売上収益2%減、営業益40%増で着地...

【速報】DeNA、3Qは売上収益2%減、営業益40%増で着地 ベイスターズの活躍でスポーツ事業が好調 ゲーム事業はブラウザタイトルの減収が響く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、本日(2月8日)、第3四半期累計(17年4-12月)の連結決算(IFRS)を発表し、売上収益1061億円(前年同期比2.4%減)、営業利益262億円(同40.6%増)、最終利益227億円(同20.9%減)だった。

 

各セグメント別の状況は以下のとおり。

①ゲーム事業…売上収益728億円(前年同期比1.6%減)、セグメント利益191億円(同0.5%減)
国内のブラウザタイトルにおけるユーザ消費額は、前年同期比で減少したものの、グローバルでのアプリタイトルにおけるユーザ消費額は、国内既存タイトルの堅調な推移や、任天堂<7974>との協業タイトルの貢献などにより、前年同期比で増加した。

②EC事業…売上収益117億円(同19.9%減)、セグメント利益0.6億円(同95.6%減)
決済代行サービスにおいては取扱高が堅調に推移した一方で、旅行代理店サービスでは、子会社のDeNAトラベルにおいて判明した2017年3月期以前における一部取引に係る原価計上漏れなどの修正を第1四半期連結累計期間に行ったほか、オークションサービスでは利用が減少した。なお、2016年12月に「DeNAショッピング」および「auショッピングモール」の名称で運営してきた事業を譲渡している。

③スポーツ事業…売上収益151億円(同23.0%増)、セグメント利益33億円(同40.6%増)
横浜DeNAベイスターズの主催試合の入場者数増加や日本シリーズ進出などにより、好調に推移した。

④新規事業・その他…売上収益70億円(同16.3%減)、セグメント損益36億円の赤字(前年同期34億円の赤字)
メディア事業での減収により前年同期比で減収となった。なお、小学館と共同出資で設立した新会社MERYは持分法適用会社となり、セグメント業績に含まれない。

■2018年3月期通期予想を修正
なお、2018年3月期通期予想の修正を行い、売上収益は1386億円(前回予想1438億円)、営業利益239億円(同231億円)、最終利益236億円(同308億円)とし、売上収益と最終利益を減額、営業利益を増額修正した。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)17年10-12月決算

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1437億円、営業利益198億円、最終利益113億円(2016年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事