17年10-12月決算、エイベックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイベックス、第3四半期の営業益は22%増の46億円 不採算...

エイベックス、第3四半期の営業益は22%増の46億円 不採算サービス終了で収益改善 アニメ事業はパッケージ不振で営業益48%減

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エイベックス<7860>は、2月8日、第3四半期(17年4~12月)の連結を発表し、売上高1210億円(前年同期比1.6%減)、営業利益46億円(同22.4%増)、経常利益48億円(同60.7%増)、最終利益21億円(同124倍)と減収増益となった。

 


音楽ソフト作品の販売が増加したものの、デジタル事業の一部不採算サービスが終了したことで減収になった。これによって収益性が大きく改善し、営業増益となった。経常利益については投資事業組合運用益が増えたこと、持分法による投資損失が大きく減少したことによる。最終利益も大きく伸びたが、前年同期に計上した「繰延税金資産の計上が認められない費用」が今期は発生しなかった。

また、アニメ事業に関しては売上高が前年同期比19.6%減の106億円、営業利益は48.1%減の13億円と大幅な減益となった。DVDとBlu-rayの販売枚数は53万8000枚で前年同期の90万6000枚から大きく減らした。売上高も37億円と前年同期の60億円から37%減らした格好だ。前年の『おそ松さん』に匹敵するヒットが出なかった。ノンパッケージの売上高は同4.9%減の69億円となった。

 


なお、2018年3月通期は、売上高1620億円(前期比0.3%増)、営業利益73億円(同27.4%増)、経常利益71億円(同58.5%増)、最終利益28億円(黒字転換)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年10-12月決算エイベックス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事