17年10-12月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報3】Aiming、17年12月期の営業損益は29億円の...

【速報3】Aiming、17年12月期の営業損益は29億円の赤字 既存タイトルの売上減と新作開発費の負担で【追記】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
Aiming<3911>は、本日(2月13日)、2017年12月期の連結決算を発表し、売上高68億2900万円(前の期比29.5%減)、営業損益29億4900万円の赤字(前の期3億円の赤字)、経常損益29億4700万円の赤字(同3億円の赤字)、最終損益29億7200万円の赤字(同5億円の赤字)だった。同社では、既存タイトルの売上が大きく減少したことに加えて、新規タイトルの開発に伴う人件費や外注費などのコストが増加した事により、赤字幅が拡大した、と説明している。


 



主力の『剣と魔法のログレス いにしえの女神』は課金ユーザーが低調に推移した時期もあったが、有名IPとのコラボレーションや時期を絞って実施したテレビCMによりアクティブユーザーの維持に努めた結果、引き続き売上を牽引したという。

新作は『ルナプリ from 天使帝國』や『CARAVAN STORIES』など5本をリリース。特に『CARAVAN STORIES』は完全オリジナル作品だったが、マーケティング施策が奏功し、ターゲットとするミッドコア層を中心に獲得でき、堅調な立ち上がりだった。


 
■第1四半期の見通し

2018年12月通期の業績予想は非開示。第1四半期(1~3月)のみ開示しており、売上高22億4400万円(前年同期比9.0%増)、営業損益5億9100万円の赤字、経常損益5億9200万円の赤字、最終損益5億9400万円の赤字を見込む。

 



【追記】
第4四半期(17年10-12月)の業績を見ると、売上高18億4200万円(前四半期比34.6%増)と大きく伸びたものの、営業損益は10億2300万円の赤字(前四半期は9億9900万円の赤字)、経常損益10億1700万円の赤字(同10億円の赤字)、最終損益10億2100万円の赤字(同10億0200万円の赤字)だった。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Aiming17年10-12月決算

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高121億6800万円、営業利益28億8300万円、経常利益28億5300万円、当期純利益19億700円(2015年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事