17年10-12月決算、イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イグニス、第1四半期は減収・赤字転落…『ぼくとドラゴン』中心...

イグニス、第1四半期は減収・赤字転落…『ぼくとドラゴン』中心とするネイティブゲームの売上減と新規事業への先行投資で

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イグニス<3689>は、本日(2月13日)、第1四半期(2017年10~12月)の連結決算を発表し、売上高12億8900万円(前年同期比9.0%減)、営業損益2億4700万円の赤字(前年同期1億4800万円の黒字)、経常損益2億5000万円の赤字(同1億3600万円の赤字)、最終損益2億3300万円の赤字(同6700万円の黒字)だった。

 


主力のネイティブゲーム『ぼくとドラゴン』の売上減少が響いた模様だ。「まおう様ラッキーボックス」等の機能追加や「350万ダウンロードキャンペーン」、「THE KING OF FIGHTERS'98 コラボキャンペーン」など各種キャンペーンを実施したが、ネイティブゲームの売上高は31.6%減の7億9900万円だった。また新規プロダクト『メガスマッシュ(コードネームGK)』の開発にも取り組んだという。

一方、オンライン恋愛・婚活サービス『with』を中心とするコミュニティサービスも順調に拡大したとのこと。コミュニティの売上高は同146.9%増の3億3500万円と大きく伸びた。引き続きサービスのユーザービリティの向上と積極的なプロモーションなど先行投資を行っているとのこと。

2018年9月通期の業績は、売上高70億円(前期比25.5%増)を見込む。営業利益、経常利益、最終利益の開示はされていない。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年10-12月決算イグニス

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事