リベル・エンタテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アエリア、組織再編の一環として中間持株会社リベル・ホールディ...

アエリア、組織再編の一環として中間持株会社リベル・ホールディングスを設立 その後吸収合併しグループ全体のコンテンツ事業を統括へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
アエリア<3758>は、2月14日、グループ内の組織再編の一環として、子会社リベル・エンタテインメントのコンテンツ事業を統括する中間持株会社「株式会社ガイシャリベル・ホールディングス(仮)」を設立すると発表した。リベルが実施する単独株式移転によって設立した後、第2段階として、4月1日をめどにアエリアはリベルHDを吸収合併する予定だ。

アエリアは、ITサービス事業とコンテンツ事業をコア事業としているが、そのうち、コンテンツ事業は『A3!』や『アイ★チュウ』を展開するリベルが中心的役割を担っている。今回、リベルの経営陣である林田浩太郎氏と牟田正氏がアエリアグループのコンテンツ事業の管掌を兼務することで、グループ全体におけるコンテンツ事業の強化と戦略の円滑な実行を図る。
 


これにより、以下のメリットが生まれる。

①グループ全体のコンテンツ事業における競争力の強化
②コンテンツマルチユース展開のグループ共有

こうしたスキームを採用したのは、両氏にモチベーションの維持とインセンティブを与えるためと説明している。これまでリベルの新株予約権(40個=40株)を交付していたが、権利行使するとリベルが完全子会社ではなくなるため、権利行使のできない状態が続き、新株予約権の意味が薄れていたという。そこで今回の組織再編を実施し、アエリアの新株予約権を交付することにしたとのこと。ちなみに、リベルの発行済株式総数は60株である。

なお、これに伴い、リベルの新株予約権1個に対して、アエリアの新株予約権9万8703個を交付する新株予約権の交換を行う。アエリアが新たに発行する新株予約権の個数は3万9481個で、権利行使すると発行済株式総数の20.20%にあたる394万8100株となる。新株予約権の行使価額183円となる(2月14日終値は1706円)。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アエリアリベル・エンタテインメント

企業情報(株式会社リベル・エンタテインメント)

会社名 株式会社リベル・エンタテインメント
URL http://liberent.co.jp/
設立 2006年9月
代表者 林田 浩太郎
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

株式会社リベル・エンタテインメントの求人情報

株式会社リベル・エンタテインメントのSPECIAL記事

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高59億600万円、営業損益15億9600万円の赤字、経常損益14億2000万円の赤字、当期純損益21億4700万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事