ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(2/20)】「BXDタイトル体験会」を材料に...

【ゲーム株概況(2/20)】「BXDタイトル体験会」を材料にドリコムが後場に入って一段高 日本一ソフトは続伸 ガンホーは海外展開報道が刺激に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
2月20日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりに反落し、前日比224.11円安の2万1925.10円で取引を終えた。前日までの3日続伸で上げ幅が1000円近くに達していたこともあり、前日の米国市場やアジアの一部市場の休場で判断材料の乏しい中で利益確定の売り物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ドリコム<3793>が後場に入って一段高した。バンダイナムコエンターテインメントとドリコムの合弁会社BXDがこの日の後場場中に「BXDタイトル体験会」を開催しており、HTML5プラットフォームの名前が「enza(エンザ)」に決定したことや、『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』の事前登録を開始したことなどを発表したことが株価の刺激材料となったようだ。

【関連記事】
【速報】BXD、HTML5プラットフォームの名前を「enza(エンザ)」に決定!

【速報】BXD、『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』の事前登録を開始!

また、前日ストップ高となった日本一ソフトウェア<3851>がこの日も一時2347円まで買われたほか、アカツキ<3932>やenish<3667>、ガンホー<3765>なども買われた。ガンホーは、海外売上高比率を6~7割に高めると一部報道で伝えられたことも市場の関心を集めたもよう。

半面、アエリア<3758>やモブキャスト<3664>が反落し、大手ゲーム株ではスクウェア・エニックスHD<9684>やセガサミーHD<6460>がさえない。


■関連記事
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事