BXDに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【まとめ】PF名「enza」とローンチ3タイトルがお披露目と...

【まとめ】PF名「enza」とローンチ3タイトルがお披露目となったBXD発表会 ゲーム人口の拡大に貢献するプラットフォームとして期待

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ


バンダイナムコエンターテインメントとドリコム<3793>の合弁会社であるBXDは、本日(2月20日)、東京都内で開催したプレス向けのイベント「BXDタイトル体験会」を開催した。

体験会では、HTML5を活用したスマートフォン向けブラウザゲームプラットフォームを「enza(エンザ)」にするとの発表が行われたほか、プラットフォームの特徴と狙いについてあらためて発表となった。SNS連携が意識され、会員登録をしなくても対戦が楽しめる機能も盛り込まれ、診断系のサービスを使うような感覚でゲームが楽しめるという。

同時に、ローンチタイトルである『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の最新情報と、開発中のゲーム内容が体験できる体験会も行われた。ローンチタイトルと銘打っているが、一度に3タイトルリリースされるというわけではなく、順次リリースされるとのことである。

ネイティブアプリの普及がゲーム人口とゲーム市場の拡大に大きく貢献したことは疑う余地はないだろうが、アプリの容量や通信頻度・量が大きくなるとともに、ゲーム内容もより複雑化し、ライトなユーザー層にとっては敷居が上がったのではないか。休眠してしまったユーザーの掘り起こしや、これまでゲームで遊んでこなかった利用者の獲得が期待されよう。

今回、掲載した記事は以下のとおりとなる。


【発表会】BXDが放つブラウザゲームPF「enza」は友だちと手軽にゲームが楽しめる場に グッズやイベント連携も ゲーム会社向けの説明会も開催予定
【BXD発表会①】『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』は友人とリアルタイムで楽しむ対戦ゲーム かけひきと戦略性がポイント、本編を再現したコンボやスキルも魅力
【BXD発表会②】"原点回帰"を図った『アイドルマスター シャイニーカラーズ』 アイドルの「プロデュース」を中心に紹介 坂上総合Pが登壇
【BXD発表会③】プロ野球SLGとして蘇る『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』 オーナー兼監督となって最強チームを目指す 2018年のNPB選手が実写カードで登場


なお、新しいプラットフォーム「enza」への参加を希望するゲーム開発会社向けにenzaの技術説明会を開催するので、興味のある会社はぜひ出席してほしいとのこと。開発中のゲームが公開できるようになったため、実例をあげながら説明を行っていくそうだ。下記BXD公式サイトのコンタクトページから連絡してもらえば、BXDから折り返しで連絡するとのこと。


 

問い合わせページ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコムバンダイナムコエンターテインメントBXD

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2284億円(前の期比34.4%増)、営業利益258億円(同108.4%増)、経常利益242億円(同84.2%増)、最終利益233億円(同83.2%増)【2017年3月期】
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事