スマホアプリ&ソーシャルゲーム資金調達記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 日本うんこ学会、課金の代わりに「うんこ報告」を行うスマホゲー...

日本うんこ学会、課金の代わりに「うんこ報告」を行うスマホゲーム『うんコレ』のクラウドファンディングが目標額を突破!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本うんこ学会は、クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で実施中のヘルスケアスマホゲーム『うんコレ』のプロジェクトが3月16日に目標額を突破し成立したことを発表した。

また、残りの期間まであと少し日にちがあることからストレッチゴールを設定し、より多くの方に大腸癌をはじめとする医療情報を届ける活動に利用することも併せて発表している。
※クラウドファンディングの終了時間:2018年4月20日23時59分

(以下、プレスリリースより)

【日本うんこ学会会長よりメッセージ】
皆様のご支援のおかげで無事に当初の目標額を達成することが出来ました。

チームメンバー一同、皆様の応援が励みになり、最後まで諦めずに頑張ることが出来ました。本当にありがとうございました。4年以上に渡り進めてきた『うんコレ』のプロジェクトをついに世の中へリリース出来る目処が立ちました。達成の喜びとともに、皆様が期待するようなきちんとしたゲームをつくりあげる責任を感じています。

開発メンバー一同頑張って製作のラストスパートをしているところですので、引き続きのご支援ご協力の程を何卒よろしくお願い申し上げます。

日本うんこ学会会長 石井 洋介

【ストレッチゴールの設定】
・400万円:海外展示会への出展(SXSW・アルスエレクトロニカ等を想定)に挑戦します。
世界で初の課金の代わりにうんこ報告をするヘルスケアゲームは世界初の試みであるため、この取組を世界に向けて発信していくための準備費用にさせて頂きたいと考えています。

・500万円:誰もが知っているアニメやゲームで活躍している声優へ1役ボイスの依頼をします
うんコレは毎日継続利用していただくことを目的としています。続けるモチベーションとして、好きな声が毎日聞けることが有効だと先行調査で示唆されています。このため、聞き覚えのある声優さんにボイス収録を頂くことで、毎日継続するモチベーションの一つにしてもらう計画です。(選定は学会内で協議し決定させて頂きます)。

・600万円:日本うんこ基金の創設
当学会の理念であります、腸内健康を良くして、「先生うんこにいってきます」と自然に言える社会の実現をより加速させるために、日本うんこ基金を創設し、挑戦している研究者や実践家達をヒト・モノ・カネ・情報の観点からサポートしていきたいと考えています。

【プロジェクト(クラウドファンディング)概要】
内容:ヘルスケアスマホゲーム「うんコレ」の開発費用
URL:http://camp-fire.jp/projects/view/63842
目標金額:300万円
募集期日:2018年2月9日14時00分~3月20日(金)23時59分まで(40日間)
目的:『うんコレ』を完成させ、一般公開するため

【今後のイベント情報】
4月28日~29日に幕張メッセで開催されるニコニコ超会議2018(http://chokaigi.jp/)への出展が決定しています。

今年度はニコニコ学会β様をはじめ、他の学術団体と超学術連合を結成し「超学会コレクション」を開催予定です。日本うんこ学会ブース内でうんコレの展示があります。(うんコレ試遊可能)。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事