Shadowverse(シャドウバース)、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【RAGE 2018 Spring】「RAGE Shadow...

【RAGE 2018 Spring】「RAGE Shadowverse Chronogenesis GRAND FINALS」1回戦 第1試合「Tatsuno選手」vs「Liga選手」をレポート

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

CyberZとエイベックス・エンタテインメントは、3月21日、千葉県・幕張メッセにて国内最大級のeスポーツイベント「RAGE 2018 Spring」を開催している。
 
【RAGEとは】
CyberZとエイベックス・エンタテインメントが年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める"次世代型 esports大会"。これまで、Super Evil Megacorpのモバイルゲーム『Vainglory』、カプコンの『ストリートファイターV』、コナミデジタルエンタテインメントのサッカーゲーム『ウイニングイレブン 2017』、Cygamesの『Shadowverse』を競技タイトルとしてして採用している。決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会して、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げる。

当日は、Cygamesの本格スマホカードバトル『Shadowverse』を種目として採用したe-Sports大会「RAGE Shadowverse Chronogenesis GRAND FINALS」のほか、『ストリートファイターV アーケードエディション』を採用した「RAGEストリートファイターV 白虎杯」、Nintendo Switch向けソフト『スプラトゥーン2』のガチマッチ大会「RAGE Splatoon2 Extreme」を同時に実施している。また、サイドイベントとして「有名プレイヤー対戦&デッキ相談会」や、フォトエリアでの「コスプレイヤー撮影会」、「4人フライト式トーナメント」、「Shadowverse展示エリア」なども展開する盛りだくさんのイベントだ。

■対戦の模様はOPENREC.tvにて配信中
https://www.openrec.tv/live/RduGZLoxerK

そんな中、本稿では「RAGE Shadowverse Chronogenesis GRAND FINALS」で行われる対戦の様子を適宜お伝えしていく。今回は、1回戦 第1試合のTatsuno選手vsLiga選手をレポート。なお、「RAGE Shadowverse Chronogenesis GRAND FINALS」における対戦ルールや賞金の詳細は以下の通り。

【対戦ルール】
・それぞれクラスの異なる3デッキを事前に登録(※デッキは事前公開されている)
・試合は最大5バトルのBO5(Best of 5)で行われ、先に3バトル勝利した選手が試合に勝利
・1バトル目ではお互い自分の登録した3つのデッキから好きなデッキを選択し、2バトル目以降、既に勝利したデッキは同じ試合で再び使用することはできない
例:「エルフ」と「ロイヤル」「ウィッチ」の3デッキを用意し、1バトル目を「エルフ」で勝利した場合、それ以降のバトルで「エルフ」は使えなくなる。

【賞金】
優勝:400万円
準優勝:100万円
3位:50万円
4位:30万円
5位タイ:各15万円
<予選大会Day2 プレーオフ決勝進出>:各7万円
<予選大会Day2 プレーオフ進出>:各3万5千円
<予選大会Day2 スイスドローラウンド6勝2敗>:各1万円


■1回戦 第1試合

Tatsuno選手(使用クラス:エルフ、ヴァンパイア、ウィッチ)
vs
Liga選手(使用クラス:エルフ、ウィッチ、ドラゴン)

※各選手の使用デッキリストは下記のページから確認可能
https://rage-esports.jp/information/rage-2018spring-gf-decklist

今大会の幕開けとなる第1バトルでは、Tatsuno選手、Liga選手ともにウィッチを選択。しかし、デッキ内容は異なり、ニュートラルのフォロワーを軸としたTatsuno選手に対して、Liga選手は土の秘術を活かした戦略が取れる内容となっている。序盤はテンポ良く土の印を並べられたLiga選手が優勢。Tatsuno選手も、天弓の天使・リリエルなどで対抗するも、最後は盤面に並べられた幻惑の奇術師が除去できず押し切られる形となってしまった。




続く第2バトルは、Tatsuno選手が引き続きウィッチ、Liga選手はエルフというマッチアップ。キーとなったのは先行7ターン目、Tatsuno選手がサハクィエルとイスラフィールのコンボでLiga選手の並べたフォロワーを一掃。ここで進化を切ったことが裏目となり、場に残ったサハクィエルがLiga選手のヘクトルに倒されてしまう。しかし、これにより9ターン目まで息を繋いだTatsuno選手が言霊遣い・ジンジャーからフォロワーを一気に展開して1勝を挙げた。




互いに1勝となった第3バトル。Tatsuno選手がヴァンパイア、Liga選手がエルフをチョイス。ここは、理想的な流れでビューティ&ビーストをプレイできたLiga選手が優勢かと思われたが、次ターンにカオスシップから糸蜘蛛の悪魔を2枚、手札から1枚の計3枚並べて万全の守護体制を作ることができたTatsuno選手に流れが傾く。しかし、ここはLiga選手も守護を持つクリスタリア・エリンで上手く凌いでいく。守護を持つフォロワーが鍵を握ったバトルとなったが、最後は2枚目の鋭利な一裂きを引き込んだTatsuno選手が一気に8点を削り切り勝利した。



Tatsuno選手に残るクラスがエルフのみとなったところで、Liga選手は使用デッキをドラゴンへと変更。無謀なる戦のプレイからイスラーフィール、バハムートと一気に相手リーダーの体力を奪ったLiga選手が勝利し、最終戦へともつれ込んだ。

エルフのミラーマッチとなった最終戦、ロキの効果や進化権を駆使して攻撃力21となったキングエレファントがLiga選手にとどめを刺す形となり、Tatsuno選手が準決勝へと駒を進めた。


[試合結果]
Tatsuno選手 vs Liga選手
●ウィッチ vs ウィッチ○
○ウィッチ vs エルフ●
○ヴァンパイア vs エルフ●
●エルフ vs ドラゴン○
○エルフ vs エルフ●

勝者:Tatsuno選手





■「RAGE」関連サイト
 

公式サイト

公式Twitter


© CyberZ, inc. All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Shadowverse(シャドウバース)RAGECygames

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL http://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

シナリオライター

ゲームの世界観をテキストで表現する業務です。 クエストストーリー、イベントストーリーや、ゲームに出てくるキャラクターのシナリオ、フレーバーテキストの作成、各種発注・調整業務をして頂きます。

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL https://cyber-z.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事