17年12月-18年2月決算、シリコンスタジオに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > シリコンスタジオ、1Qは売上高25%減、3.6億円の営業赤字...

シリコンスタジオ、1Qは売上高25%減、3.6億円の営業赤字を計上 既存タイトル低調や新作費用先行でコンテンツ事業の苦戦続く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
シリコンスタジオ<3907>は、4月6日、2018年11月期の第1四半期(12~2月)の連結決算を発表、売上高10億9800万円(前年同期比25.3%減)、営業損益3億6400万円の赤字(前年同期2億9800万円の赤字)、経常損益4億100万円の赤字(同2億6000万円の赤字)、四半期純損益4億100万円の赤字(同1億7000万円の赤字)となった。
 

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①開発推進・支援事業…売上高5億5200万円(前年同期比6.6%減)、セグメント利益400万円(前年同期6000万円の赤字)
開発推進・支援事業全体の売上高は計画を上回り、採算性も改善した。ミドルウェアライセンス販売は、案件長期化等の影響により期ずれが生じたことなどにより計画を下回ったが、開発案件は好調に推移し計画を上回った。また、注力分野である自動車業界向け事業の売上高についても、計画を上回り好調だった。

②コンテンツ事業…売上高1億4300万円(前年同期比74.4%減)、セグメント損益2億9800万円の赤字(前年同期1億4900万円の赤字)
既存ゲームタイトルの売上改善に向けた取り組みを推進したものの、売上高は計画をやや下回った。また、第2四半期以降にリリースを計画している新規ゲームタイトルの開発に係る費用の先行負担の影響などにより、減収減益となった。

③人材事業…売上高は4億400万円(前年同期比27.4%増)、セグメント利益8000万円(同55.3%増)
派遣先企業で稼働中の一般派遣労働者数は延べ752名、有料職業紹介の成約実績数は55名となった。

なお、2018年11月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高73億8200万円(前期比20.7%増)、営業利益1億400万円、経常利益1億2100万円、当期純利益1億1100万円の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( シリコンスタジオ17年12月-18年2月決算

企業情報(シリコンスタジオ株式会社)

会社名 シリコンスタジオ株式会社
URL http://www.siliconstudio.co.jp
設立 2000年1月
代表者 会長:関本晃靖、社長:寺田健彦
決算期 11月
直近業績 売上高61億1500万円、営業損益12億5100万円の赤字、経常損益12億200万円の赤字、最終損益11億3700万円の赤字(2017年11月)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3907

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事