アズールレーン、Yostarに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】『World of Warships』×『アズー...

【イベント】『World of Warships』×『アズールレーン』気になるコラボ実装日や苦労話が飛び出したトークイベントを開催

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォーゲーミングジャパンとYostarは、4月21日、オンライン海戦バトル『World of Warships』と『アズールレーン』のコラボレを記念して、トークイベント「World of Warships × アズールレーン スペシャルトークイベント」を東京・UDX THEATERで開催した。

イベントMCには『World of Warships』イベントや公式生放送番組でお馴染みとなっている"みけ艦長"こと井澤美香子さんが登壇。スペシャルゲストには『アズールレーン』のエンタープライズ役・石川由依さん、クリーブランド、エレバス役の堀籠沙耶さん、そして『World of Warships』ASIA Publishing Producerの畑井翔さんの3名を迎え、コラボに関するトークを展開した。本稿ではその模様をお届けする。
 

■『World of Warships』には『アズールレーン』の人気キャラクターが艦長として登場!

イベントは『World of Warships』コラボ情報と、『アズールレーン』のコラボ情報による前後半の2パートに分けられ、登壇者がステージに集まると早速『World of Warships』のコラボ情報発表へ移った。

『World of Warships』では『アズールレーン』の7キャラクターが艦長として登場することに決定。また、コラボを記念して、軍艦旗や迷彩などを実装すると発表した。



今回登場が決まった「アヴローラ」はロシアの戦艦。ウォーゲーミングはロシアの会社ということもあり、畑井さんからは「本社からの強い要望があってアヴローラに決定した」という秘話も語られた。

石川さんは「『World of Warships』は『アズールレーン』と比べてボイスが非常に多く、収録が大変だった」とアフレコの苦労話を披露。堀籠さんも「ボイスの数も膨大ながら、一つ一つ難しい単語が多いのも大変な要因だった」と、石川さんの苦労話に共感した。



『アズールレーン』における敵勢力「セイレーン」がモチーフの迷彩も公開されると、その禍々しい色彩に会場からはどよめきが上がった。井澤さんは「分かりやすく"敵"という見た目をしていて、相手に集中攻撃されてしまいそう」という感想も。迷彩による特殊効果などは、現在検討中とのことだ。



コラボ内容を発表し終えると、実機プレイも披露。石川さんは「『アズールレーン』ではミニキャラが可愛らしく動いていたが、『World of Warships』はとてもリアル。臨場感ある戦いが楽しめそう」と感想を述べた。

最後に畑井さんは、キャラクターモチーフ旗や他の迷彩も実装を予定していると新情報も公開。なお、今回公開したコラボ内容の実装時期は5月末を予定していると発表すると、「公開生アフレココーナー」へ移った。
 

「公開生アフレココーナー」では、「指揮官待望!? ケッコンセリフ」をテーマに石川さんと堀籠さんが、提督もときめくケッコンセリフを読み上げた。感動する場面かと思いきや、背景にはコラボバージョンのキャラクターが映っていたりと会場の笑いを誘う一面も見られた。
 

■『アズールレーン』には計画艦6隻が実装!実装日はなんと4月26日!

後半パートでは、Yostarの取締役・金 傑さんも登壇し、『アズールレーン』でのコラボ内容を紹介した。

『アズールレーン』では設計図はあったものの、実際に建造されることはなかった計画艦6隻の登場が決定。



また、コラボキャラクターの声優について、ローン役には佐藤聡美さん、モナーク役には沢城みゆきさん、ネプチューン役に井澤美香子さん、出雲役には上田麗奈さんが担当声優として決定したことも発表された。



ここで話題となったのが担当声優の決め方で、『アズールレーン』では金さんがキャラクターの印象から、イメージに合う声優にオファーを出しているという。初期デザイン案なども会場で披露されたが、金さんは「キャラクターが完成する最後の段階で決めている」と紹介。オーディションなどを行わない斬新な決め方に会場からは驚きの声も上がった。



コラボ内容の紹介を終えると、話題はコラボレーションの裏話へと移った。

畑井さんからはコラボレーションの経緯が語られ、きっかけはウォーゲーミングジャパン内で『アズールレーン』が流行ったことが始まりだったという。当時はYostarに問い合わせ窓口などもなく、カスタマーサポートから話を通したそうだ。金さんも『World of Warships』であれば、ということで畑井さんの持ち込んだ企画書も見ることなくコラボに至ったという。
 

また、コラボレーションでは『World of Warships』の迷彩が大変という苦労話も飛び出した。戦艦毎に大きさが異なることで、迷彩の調整が1隻ごとに必要だったという。さらに本社への確認作業も時間を要することから、今まで以上に時間を取られてしまう場面が多々あったそうだ。コラボレーションボイスでは、膨大過ぎるボイス量に金さんが畑井さんにヘルプを頼んだそうで、畑井さんの考えるキャラクター像と、マンジュウ側の考えるキャラクター像で差が生じてしまい、このすり合わせでも時間を取られたという。



気になるコラボレーション内容の実装時期は、驚きの4月26日と発表。イベント日の翌週にはもうプレイできるとあって、会場からは大きな歓声が上がった。

コラボ艦の入手方法については、コラボキャラクター全員がミッション形式になると発表され、これについて金さんは「計画艦ということから、既存の戦艦とは違う入手方法にしたかった」とその理由が語られた。また、育成方法なども既存のキャラクターとは異なった仕様になるという。
 

イベントの最後には畑井さんが「新規収録したボイスはもちろんのこと、各キャラクターのデザインなど両タイトルを遊んで、ぜひとも見比べてほしい」とコラボレーションの見所を述べ、幕を下ろした。

 
■『アズールレーン』

 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google play



© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.
(c) Wargaming.net 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アズールレーンYostarウォーゲーミングジャパン

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事