18年1-3月決算、LINEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > LINE、『LINE』のMAUは海外で減少続く コア事業拡大...

LINE、『LINE』のMAUは海外で減少続く コア事業拡大も戦略事業への先行費用で大幅減益に ゲーム事業は苦戦、新作での巻き返しに注目

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
LINE<3938>は、この日(4月25日)、第1四半期の決算説明会資料を開示し、コミュニケーションアプリ『LINE』の月間アクティブユーザー数は前年同期比3.5%減の165万人となった。2017年第1四半期に過去最高となる1億7100万人を記録して以降、漸減が続いていることだ。興味深いのは、日本国内でのMAUは同10.3%像の7500万人と増えたものの、台湾・タイ・インドネシアのMAUについては減少傾向にあり、同12.6%減の9000万人となったことだ。世界展開を積極的に進めていたLINEだが、国内ユーザーの比重が高まっている。

 


売上収益については拡大が続いている。前年同期比19.9%増の487億円と伸びた。広告やコンテンツ、コミュニケーションからなるコア事業が同14.1%増の427億円と好調だったことに加え、AIやフィンテック、コマースなどこれからの成長を担う「戦略事業」が88.5%増の61億円と高い成長を示した。営業利益が69%減の12億円と大きく減らしたのは、戦略事業への先行投資負担が響いたたためとみられる。

 


ゲームアプリやスタンプ、絵文字などを展開するコミュニケーション・コンテンツについてみると、同8.6%減の175億円と落ち込んだ。コンテンツ・コミュニケーションともにマイナスとなった。ただ、先日リリースした『ジャンプチ ヒーローズ』がストアの売上ランキングでも上位に入っており、第2四半期以降の巻き返しが注目される。

 
▲コンテンツの中でもLINEマンガとLINE MUSICが伸びたとのこと。

 
▲広告事業は順調に拡大。コア事業の伸びをけん引したようである。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(LINE株式会社)

会社名 LINE株式会社
URL http://linecorp.com/
設立 2000年9月
代表者 出澤 剛
決算期 12月
直近業績 売上収益1206億6983万円、営業損益95億2418万円の赤字、当期純損益79億7211万円(2015年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3638

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事