スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2018】仙台予選が開催! 本戦出場を決めたの...

【SPAJAM2018】仙台予選が開催! 本戦出場を決めたのは「観光対戦」を開発した「WD」に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


モバイル・コンテンツ・フォーラムは、4月28日~29日、「スマートフォンアプリジャム2018(SPAJAM2018)」を開催した。仙台予選では「観光」というテーマが設定され、約25時間でアプリを開発するハッカソンを開催した結果、最優秀賞を勝ち取り本選出場を決めたのは「観光対戦」を開発したチーム「WD」となった。


【仙台予選 最優秀賞チーム】
・チーム名:WD(ワールドドミネーション)
・アプリ名:観光対戦
・チームメンバー:吉田 統、生田目 智也、大川恭平、谷津 悠久、早川 祐希
・アプリの内容:
「観光をもっと楽しむ」ことをめざし、観光客同士で「観光地で最も笑顔が優れた写真で対戦する」ことにより観光をポジティブに楽しみ、地域の情報発信に繋げるアプリ「観光対戦」を製作した。観光地でGPSを利用して近い観光客同士が、どちらが楽しめているか写真を数値化し勝負することができ、GoogleCloudVisionを活用し、画像認識で笑顔をポイント化する、複数人数で撮られた写真ほど得点が高くなる、勝利時にポイントを得ることでモチベーションに繋げるなど、ゲーム性を考慮した実装で、より観光を楽しめる工夫がなされた。また、プレゼンテーションでは、寸劇による観光地での写真勝負をわかりやすく表現し、テーマ性とアプリの魅力をより伝えることに成功し、全体的に高い評価を獲得したことで最優秀賞となった。
 


【仙台予選 優秀賞チーム】
・チーム名:全脳アーキテクチャ若手の会東北支部
・アプリ名:DETECTIVE NANAKO(名探偵ななこ)
・代表:秋田 賢
※7月7日から箱根で開催される本選へ出場できるチームは、最優秀賞チームに加えて、全国の予選9会場で優秀賞を勝ち取ったチームの中から最大3チームを選出し決定。
 


【仙台予選 概要】
・協賛:GLOBAL Lab SENDAI
・日程:2018年4月28日(土)~ 29日(日)
・会場:株式会社NTTドコモ東北支社
・参加チーム数:5チーム(24名)
・テーマ:観光
・審査員:
市川 博之 氏 市川電産 コンサルタント&エンジニア
佐藤 浩太郎 氏 株式会社メルカリ CSグループ
佐藤 隆嘉 氏 株式会社NTTドコモ ITコンサルタント
南條 融 氏 楽天株式会社 ECビジネスエンパワーメント課シニアマネージャー
・出場チーム(開発アプリ)
スマホアプリ開発科(Meshi tomo)
Zeal II(未知見知観光クイズ)
全脳アーキテクチャ若手の会東北支部(DETECTIVE NANAKO(名探偵ななこ))
WD(観光対戦)
YBOYと仲間たち(感情アテンダー)


 

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事