18年1-3月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報】バンナムHDのIP別売上高、『ドラゴンボール』が10...

【速報】バンナムHDのIP別売上高、『ドラゴンボール』が1000億円に迫る 『ライダー』『プリキュア』『NARUTO』も伸長 『妖怪ウォッチ』が姿消す

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングス<7832>は、本日5月9日、2018年3月期におけるIP別売上高を発表した。グループ全体のIP別売上高では『ドラゴンボール』が前の期比60.2%増の979億円と1000億円達成が間近に迫ったことを明らかにした。同社のIP別売上高でも圧倒的な首位となっていることがわかる。

国内トイホビーでは14.5%増の124億円にとどまっていることから、ゲームなどの売上が寄与したものとみられる。スマートフォンゲーム『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が世界的に人気を博しているほか、家庭用ゲームソフト『「DRAGON BALL FighterZ(ドラゴンボールファイターズ)』が発売となった。

今期は前期比18.2%減の800億円と減収を見込んでいる。世界の事前登録者数が300万人を突破した『ドラゴンボール レジェンズ』のリリースが控えており、今期の行方が注目される。

また、『仮面ライダー』や『NARUTO』、『プリキュア』、『ポケモン』(国内トイホビーのみ)などが売上を伸ばしたほか、第3四半期までは一覧に入っていた『妖怪ウォッチ』が姿を消したことが注目される。

 


【関連記事】
バンナムHD、ネットワークコンテンツの売上高が2000億円の大台目前 『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』が貢献 家庭用も2ケタの伸び 
【速報】バンナムHD、18年3月期は売上・営業益が過去最高 玩具とゲームが好調 スマホゲームは『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』シリーズが貢献​
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコホールディングス18年1-3月決算

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事