18年1-3月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHD、ネットワークコンテンツの売上高が2000億円の...

バンナムHD、ネットワークコンテンツの売上高が2000億円の大台目前 『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』が貢献 家庭用も2ケタの伸び 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングスは、本日5月9日、2018年3月期におけるスマホゲームやPCオンラインゲームなど「ネットワークコンテンツ」の売上高が前の期比で25.8%増の1996億円と引き続き伸びたことを明らかにした。

同社では、決算短信において、ワールドワイド展開している『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』や『ワンピーストレジャークルーズ』、国内の「アイドルマスター」シリーズなどの主力タイトルの好調が継続し収益に貢献したと述べている。

また、家庭用ゲームソフトも同13.6%増の984億円と伸びた。欧米地域を中心に新作タイトル『TEKKEN(鉄拳)7』や『DRAGON BALL FighterZ(ドラゴンボールファイターズ)』が人気となったほか、既存タイトルのリピート販売が好調だったという。

 


【関連記事】
【速報】バンナムHDのIP別売上高、『ドラゴンボール』が1000億円に迫る 『ライダー』『プリキュア』『NARUTO』も伸長 『妖怪ウォッチ』が姿消す
【速報】バンナムHD、18年3月期は売上・営業益が過去最高 玩具とゲームが好調 スマホゲームは『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』シリーズが貢献​
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年1-3月決算バンダイナムコホールディングス

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事