18年1-3月決算、セガサミーホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミーHD、デジタルゲーム事業の18年3月期の営業益は3...

セガサミーHD、デジタルゲーム事業の18年3月期の営業益は32%減の33億円 新作投入数が想定下回る 今期は新作投入で巻き返し90億円を目指す

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
セガサミーホールディングス<6460>は、この日(5月11日)に発表した2018年3月期決算で、PCオンラインゲームやスマートフォンゲームからなる「デジタルゲーム」の売上高が前の期比18.2%減の385億円、営業利益が同32.6%減の33億円と減収減益だったことが明らかになった。

同社では、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』や、パッケージゲーム『真・女神転生』シリーズ初のスマートフォン向けタイトル『D×2 真・女神転生 リベレーション』の配信を開始したものの、新作タイトルの投入数が当初の想定より下回った、としている。新作タイトルは、前の期は6タイトルだったが、この期においては3タイトルにとどまった。

 


指標を見ると、3カ月平均MAUは低下し続けており、第1四半期(2017年4~6月)においては344万人だったが、第4四半期においては291万人となり、300万人台を割り込んだ。この指標が400万人を超えた四半期は一度もなかった。

売上上位3タイトルは以下のとおり。
 
1位 ファンタシースターオンライン2
2位 D✕2 真・女神転生 リベレーション
3位 ぷよぷよ!!クエスト
 


なお、2019年3月期は、売上高700億円、営業利益90億円と大幅な伸びを見込む。『共闘ことばRPG コトダマン』『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』『BORDER BREAK』などの新作投入を巻き返しを図る。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( セガサミーホールディングス18年1-3月決算

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3214億円、営業利益190億円、経常利益209億円、当期純利益334億円(2013年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事