18年1-3月決算、フェイスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > フェイス、2018年3月期のレーベル事業は増収減益 日本コロ...

フェイス、2018年3月期のレーベル事業は増収減益 日本コロムビアのゲーム好調もJ-POPやアニメ、教育作品の売上が減少

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
フェイス<4295>は、この日(5月14日)に発表した2018年3月期の決算で、日本コロムビアを中心に展開するレーベル事業の売上高が前の期比2.2%増の142億8600円、営業利益が同28.8%減の12億3100万円と増収・減益だったことを明らかにした。

同社によると、ドリーミュージックが連結に加わったことや、コロムビアの発売したゲーム作品が好調に推移した、としている。『美容師デビュー物語』や『わんニャンどうぶつ病院』『すみっコぐらし すみっコパークへようこそ』『すみっコぐらし ここ、どこなんです?』『ケーキ屋さん物語 おいしいスイーツをつくろう!』『かわいいペットとくらそう! わんニャン&ミニミニアニマル』など子供向け作品をリリースした。

営業利益はマイナスとなったが、前期の売上に貢献したJ-POP作品、教育作品およびアニメ作品の売上が減少したとのこと。

なお、フェイス全体の連列決算は、売上高212億1000万円(前の期比2.0%増)、営業利益11億3000万円(同35.7%減)、経常利益10億2900万円(同33.1%減)、最終利益5億0400万円(同11.8%減)だった。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 日本コロムビア18年1-3月決算フェイス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事