Eden Obscura、キュー・ゲームスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > キュー・ゲームス、PixelJunkシリーズ最新作『Eden...

キュー・ゲームス、PixelJunkシリーズ最新作『Eden Obscura』iOS版をリリース マルチクリエイターのBaiyon氏がディレクションを担当

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


京都のゲームソフトメーカーのキュー・ゲームスは、5月20日、新作スマートフォン用アプリ『Eden Obscura』のiOS版をリリースした。Android版は6月1日にリリースする予定だ。

本作は、2008年に『PixelJunkシリーズ』の一つとしてPlayStation3で発売され、全世界80万本をリリースした人気作「PixelJunk Eden」の最新作となる。マルチクリエイターのBaiyon氏がアート、サウンド、ゲームのディレクションを担当している。

ゲームの内容は、紙に墨汁を垂らして植物をデザインする、という独自の画法によって生まれた躍動感溢れるオブジェクトと、周囲の風景を加工してリアルタイムに生成する背景の二つを組み合わせた独創的なビジュアルの世界を探索するアクションゲーム。成長させた植物を足場に未知の場所へと進んでゆき、オーガニックに揺れ動くビジュアルと、グルーヴ感溢れるテクノサウンドに浸りながらステージを攻略していく。
 


今作から遊びの幅を広げる新たな要素としてジャンプ力を高めたり、ステージの重力や、ビジュアルに影響を与えるアイテム「スパイス」と、新しいプレイアブルキャラとしてマニアックで癖のある性格の「グリンプ」達が追加となった。探索を進めていくと増えていく二つを好きに組み合わせることでより自由で自分好みな探索を楽しめる。
 


また、そのアーティスティックなビジュアルと、陶酔感を誘うテクノ/ディープハウスサウンドが織り成す世界観にスマートフォンならではのカメラ機能を使い、日常風景をリアルタイムに融合させることで、より美しくインタラクティブなビジュアルに進化したアート世界を冒険することができるとのこと。

このほか、他にない独創的なステージビジュアルを生成するために、本作ではカメラから取り込んだ光の明暗や風景の動きをリアルタイムに加工して背景にしているので、起動した場所の風景や時間によって世界がさまざまに変化する。
 



■Baiyon氏のコメント
「小さい頃からキラキラ光るスパンコールや透ける素材や石、万華鏡が好きで集めていました。その延長でスマホの向こう側の風景がスクリーン上で透けて見えるとどうなるだろうと思って、スマホでリアルタイムのカメラ機能を使うアイディアを思いつきました。人間は根源的にキラキラしたり透けているものが好きなんじゃないかと思っていて、本作はそのこだわりを持って作り上げました。ぜひ、Eden Obscuraに自分のお気に入りの風景を取り込んで楽しんでもらえたらと思っています。」
 
 

App Store




(C) Q-Games Ltd.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( キュー・ゲームスEden Obscura

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事