Monobit Unity Networking(モノビット ユニティ ネットワーキング)、モノビットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームTech記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > モノビット「Monobit Unity Networking...

モノビット「Monobit Unity Networking 2.0」がUnityのWebGL出力に対応…ブラウザゲームのマルチプレイ搭載がスムーズに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


モノビットは、本日6月1日、 リアルタイム通信エンジン「Monobit Unity Networking 2.0」のバージョンアップを行い、UnityのWebGL出力への対応するなどのアップデートを行った。これにより、ブラウザゲームでのマルチプレイに対応できるという。

 「Monobit Unity Networking2.0」は、 Unity専用の無料アセットで、クライアントプログラムだけでマルチプレイゲームを簡単に実装できる。さらに新製品「Monobit Revolution Sever」の新コアを採用し、 TCPに加え、 UDP/RDUPも正式サポートするなど大幅な通信性能アップを図ったという。
 
「Monobit Unity Networking Ver2.0」のアップデート概要は以下のとおり。

【MUN 2.0機能拡張および機能改善】

現行の最新リリース版(MUN 2.4.0)の機能に合わせ、 以下の機能拡張・機能改善を行った。UnityのWebGL出力に対応した。


▼ 機能追加・改善(全体)
- MRS 1.4.0のバージョン更新に伴う、 通信機能の最適化の適用
- WebSocket/WebSocketSecure の通信機能をサポート
- 動作中の MUN/MRS のバージョンを取得するAPIの追加


▼ 機能追加・改善(クライアント側)
- Unity5.3 以降において、 unitypackage をインポートする際に警告が表示されないように改善しました。 
- MUNの通信エラーログについて、 細分化・明瞭化した。 
- MonobitServerSettings.asset の設定を offline にした場合、 自動的にMonobitNetwork.offline = true になるように機能を改善した。 
- MonobitNetwork.Instantiate() および MonobitNetwork.InstantiateSceneObject() について、 DontDestroyOnLoad() を実行するかどうかを設定するためのフラグ指定を追加した。 


▼ 機能追加・改善(サーバ側)
- mun_monitor(Mackerel対応版 MUN サーバプロセス、 モニタリング機能をサポート)の追加
- ログローテート機能の追加


 
【MunTestServerの接続ポート番号の変更のお知らせ】

MunTestServer をご利用される場合、 接続先のポート番号について変更を加えた。

サーバ種別 TCP接続ポート番号 UDP接続ポート番号
mun_resolver 50013-50015 50013
mun_proxy 50016-50018 50016
mun_room 50019-50021 50019


 

製品ダウンロード

技術ページ

MUNページ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Monobit Unity Networking(モノビット ユニティ ネットワーキング)モノビット

企業情報(株式会社モノビット)

会社名 株式会社モノビット
URL http://monobit.co.jp/
設立 2013年1月
代表者 本城 嘉太郎
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事