IDC Japanに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > IDC Japan、4~6月期の携帯出荷台数は15%減・・・...

IDC Japan、4~6月期の携帯出荷台数は15%減・・・スマホの比率は45.5%に上昇

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
IDC Japanは、9月27日、国内携帯電話市場の2011年第2四半期の出荷台数が前年同期比15.2%減の822万台となり、7四半期ぶりのマイナス成長だったと発表した。

同社では、3月11日に発生した東日本大震災の影響により、主要関連部品の供給に問題が発生し、「夏モデル」となる新規製品の投入時期が大幅にずれ込んだことを要因にあげている。

そうしたなか、スマートフォンは順調に成長し、出荷された携帯端末の2台に1台がスマートフォンとなり、全携帯電話出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数の比率は45.5%に上昇したとのこと。OS別出荷台数では、アンドロイド端末は前年同期比で約6.5倍の274万台。iOS端末も前年同期比で2倍以上の99万台の出荷となった。

第2四半期のベンダー別シェアでは、シャープが24.7%で第1位を獲得した。21四半期連続してトップだった。第2位は、富士通・東芝がシェア19.1%で、第3位のアップルは、iPhone販売の好調さを維持するかたちでシェア12.1%だった。以下、4位は京セラ、5位はソニーエリクソンだった。

なお、IDC Japanでは、7~9月期に関しては、部品供給の問題も解消されているため、再びプラス成長に回復すると予想している。

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事