ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、第3四半期はソーシャルゲーム好調で営業利益10億円...

ドリコム、第3四半期はソーシャルゲーム好調で営業利益10億円の大台乗せ!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

ドリコム<3793>は、本日(2月2日)、第3四半期累計(4-12月期)の業績を発表し、売上高47億円、経常利益10億円と大台に乗せた。前年同期は連結のため、厳密な比較はできないが、売上高は前年同期比で2.2倍、営業利益は16.3倍と驚異的な伸びとなった。

主力のソーシャルゲームについては、「mixi」でも展開した「陰陽師」や「ソード×ソード」、「ビックリマン」、「ちょこっとファーム」など既存タイトルの売上が好調に推移したことに加え、着メロなどの携帯電話コンテンツの採算も改善した。

同社の発表した第3四半期決算は、売上高47億2700万円(参考前年同期比2.1倍)、営業利益10億1400万円(同16.3倍)、経常利益10億1000万円(同16.8倍)、四半期純利益10億1800万円(前年同期2200万円の赤字)だった。

 

 

セグメント別の状況は以下のとおり。

エンタメウェブは、売上高42億4300万円、セグメント利益10億6400万円だった。ソーシャルゲーム事業で効率的な広告宣伝やプロモーション強化に取り組み、mixiプラットフォームへの横展開を進めたことにより、既存タイトルの売上が引き続き好調に推移した。新規ユーザーの獲得を目的とした広告宣伝費やゲームクオリティ向上などを重視した開発費用が増加したが、増収効果で吸収した。

マーケティングソリューションは、売上高4億9100万円、セグメント損失5000万円だった。「mixi」上で公式リワード広告「mixiポイントプラス」の提供を10月18日より開始した。ただ、顧客となる法人の投資抑制の動きが継続したため、損失計上となった。

 

■2012年3月期の見通し

2012年3月期は、売上高70億円(前期比2.6倍)、営業利益13億円(同13.4倍)、経常利益13億円(同13.2倍)、当期純利益11億円(同550倍)を見込む。

 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事