D2Cに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > D2C、スマートフォン利用動向調査…スマホユーザーは25%超...

D2C、スマートフォン利用動向調査…スマホユーザーは25%超、アプリ情報収集はマーケットが最多

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

ディーツーコミュニケーションズ(D2C)は、スマートフォンの利用動向調査の結果を発表した。フィーチャーフォンとスマートフォンの利用動向について、全国の15歳~69歳の男女3095名を対象に、2月にPCインターネットによるアンケート調査を行った。D2Cでは定期的にこの調査を行なっており、前回は2011年10月だった。

両端末によるインターネットの利用時間や、アプリの利用頻度、アプリ情報の入手経路などを包括的に調査したもので、非常に興味深い内容となっている。

 

■端末ごとのユーザー比率…スマホ利用者が4分の1超に

まず、所有する端末ごとのユーザーの比率は、フィーチャーフォンのみが74.5%、スマートフォンのみが19.0%、両方の端末の併用が6.5%だった。スマートフォンを利用しているユーザーは、25.5%となり、前回調査(20.6%)と比較すると4.9ポイント増加した。

 

■メディアとの接触時間…スマホ利用者はネット、テレビ、アプリを利用

次に、1日の各メディアとの接触時間については、フィーチャーフォンのみのユーザーは「パソコンでのインターネット利用(172.8分)」、「テレビ(170.8分)」、「ラジオ(34.7分)」、「新聞(25.1分)」「フィーチャーフォンでのインターネット利用(24.0分)」の順に長かった。

それに対し、スマートフォンのみのユーザーは、「パソコンでのインターネット利用(141.2分)」、「テレビ(141.0分)」、「スマートフォンでのインターネット利用(65.0分)」、「スマートフォンでのアプリ利用(51.3分)」の順に、接触時間が長いという結果となった。

また、スマートフォンのみユーザーの、スマートフォンによるインターネットとアプリの利用時間を合計すると116.3分となり、スマートフォンユーザーは、パソコン、テレビ、スマートフォンの3つのメディアを長時間利用していたた。10月調査からは大きな変化はなかった。

 

■1日のインターネット利用時間

1日のインターネットの利用時間については、フィーチャーフォンのみユーザーでは、「10分未満(25.1%)」、「1時間未満(7.0%)」、「30分未満(5.8%)」の順となり、全体でインターネット利用者は50.3%、利用者の平均利用時間は47.8分であった。前回の10月調査と比較すると、大きな変化は認められなかった。

一方、スマートフォンユーザーでは、「10分未満(21.6%)」、「1時間未満(20.8%)」、「30分未満(17.5%)」の順となり、全体でインターネット利用者は95.2%、利用者の平均利用時間は71.0分だった。フィーチャフォンのユーザーに比べてネットの利用時間が長いことがわかる。ただ、10月調査と比較して微減していた。

 

■コンテンツ利用金額はフィーチャフォンの方が高い

次に、フィーチャーフォン、スマートフォンそれぞれのネット利用者に1ヶ月あたりの有料アプリ/コンテンツの利用金額について聞いたところ、フィーチャーフォンのみユーザーでは、「300円~500円未満(16.2%)」、「100円~300円未満(11.8%)」、「100円未満(10.4%)」の順だった。平均利用金額は898円となり、10月調査と比較すると大きな変化は認められなかった。

一方、スマートフォンユーザーでは、「100円未満(21.1%)」、「100円~300円未満(13.8%)」、「300円~500円未満(8.9%)」の順となった。有料アプリ・コンテンツ利用者の平均利用金額は、10月調査の513円から557円にやや増加した。

 

■アプリの利用動向調査

スマートフォンユーザー(ネット利用者)に1ヶ月あたりのアプリダウンロード数を聞いたところ、「3個(15.1%)」、「4~5個(14.5%)」、「2個(14.5%)」の順となり、74.8%のユーザが1個以上アプリをダウンロードしていた。また、ダウンロード者の平均ダウンロード数は3.7個だった。

有料アプリについて見てみると、「1個(11.2%)」、「2個(4.7%)」、「3個(2.4%)」の順となり、21.2%のユーザが有料アプリをダウンロードしていた。

アプリダウンロードユーザーは10月調査と比較すると、80.1%から74.8%に微減し、有料アプリユーザは10月調査時の21.0%から大きな変化は認められなかった。

 

 

■アプリ情報の入手先…アプリマーケット・ランキングが最多

スマートフォンユーザーに、アプリの情報入手先について聞いたところ、「Androidマーケット(43.7%)」、「AppStore(33.9%)」、「友人・知人の口コミ(29.4%)」、「その他のアプリ紹介・レビューサイト(20.9%)」、「インターネットのブログ・掲示板などの口コミ情報(18.0%)」の順となった。Androidユーザの72.1%がAndroidマーケットを利用、iPhoneユーザの88.2%がAppStoreを利用しており、各アプリ・マーケットを利用するユーザの割合が格段に高いことがわかった。

 

また、アプリ・マーケット利用者に、アプリ・ランキングの閲覧状況について聞いたところ、「ランキングから探すことはない」との回答は31.9%となり、およそ7割のユーザがアプリ・マーケットのランキングを利用していることが分かった。

 

このほか、インターネットショッピングの利用動向なども調査しているが、本記事では割愛した。詳細については下記リリースを参照して欲しい。

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( D2C

企業情報(株式会社D2C)

会社名 株式会社D2C
URL http://www.d2c.co.jp/
設立 2000年6月
代表者 宝珠山 卓志
決算期 3月
直近業績 非開示
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事