コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新規上場記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 上場準備が進んでいるSAPの見分け方(コラム)

上場準備が進んでいるSAPの見分け方(コラム)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
エイチームが4月4日に東証マザーズに新規上場し、初値が公募価格の2.7倍となり、その後も連日のストップ高となるなど、非常に人気となっている。上場予備軍もしくは上場を目指す会社にとっては勇気づけられるニュースといえよう。今後のソーシャルゲームの国内市場の成長性や、海外市場の立ち上がりなどを考えると、今年から来年にかけてソーシャルゲーム系企業の新規上場が多くなるものとみられる。

この記事では、公開されている情報をベースに、上場が進んでいる会社のチェックの仕方をまとめてみた。あくまで記者個人がチェックする際に使っている方法なので、もっと良いやり方があるかもしれない。上場準備が進んでいることがわかったところで、どうということはないのだが、転職先を探す際の材料にはなるだろう。ストックオプションがもらえるかもしれないし、自分の勤め先への社会からの注目度が著しく向上する。

(1)VCなどが出資

これはよく言われる確認方法である。ベンチャーキャピタルが出資先を公開していたり、あるいは会社自身が出資を受けた旨のプレスリリースを出していたり、会社概要で株主構成を公開していたりするので、そのあたりを見ると良いだろう。最近では、アーリーステージでの出資も多いため、上場を目指していることはわかるが、上場準備が進んでいることを確認する有力材料にはならない。

(2)上場準備スタッフの募集

上場準備スタッフを募集しているか否かという場合だろう。ただ、おおっぴらに上場準備スタッフを募集しているケースは少なく、人材紹介会社の非公開案件になっていることが多い。このため、重要な目安にはなるのだが、情報を見つけづらいという問題がある。経理もしくは財務スタッフを募集している場合、上場準備の初期段階が多いという印象を持っている。

(3)常勤監査役がいてかつ監査役が3人以上いる

意外と有力なのは、会社の役員構成を見ることだろう。記者が一番初めにチェックし、かつ重視するのはこの点だ。大雑把に言えば、上場準備会社は、直前期の期首までに、常勤監査役を設置するほか、監査役3名以上でかつその半数以上が社外監査役とする監査役会を設置・運用することが求められる(と記憶している)。したがって、会社概要で監査役会設置会社になっていると、それなりに上場準備が進んでいると見てよい(※)。常勤監査役として、銀行やVC関係者など金融関係者を迎え入れることが多いが、当然、人件費もそれなりに高くなるため、会社が上場のための覚悟を決めたシグナルともいえよう。

(※)ただし、監査役が3名いるからといって監査役会設置会社になっているわけではない。この点は登記簿をチェックする必要があるが、そこまでやる必要があるのかという気もしている。

(4)株式分割

株式分割を行っているケース。上場時に100株単位で売買できるようにするため、株式分割を行うことがある。必ず上場直前にやらなくてはならないというものでもないので、あくまで目安程度といえる。日経新聞や官報などに掲載される「公告」でチェックできるが、記載自体が小さいため、見逃す可能性が高い。

もちろん、これらの条件は、会社の業績が伸びていることが前提条件。運営するアプリの会員数や、プラットフォームのランキングで上位に入れているか、といったことが見分けるための目安にはなる。コーポレートサイト上などで公開されている決算公告などをチェックするのもいいだろう。会社法上の大会社ではないため、たいていは純利益や貸借対照表が確認できる程度にとどまる。

以下は、監査役が3名以上いる未上場のソーシャルゲーム関連企業を列挙してみた(4月8日現在)。かつて上場していて、すでに上場廃止となった会社は載せていない。目についた会社を機械的にピックアップしただけなので、上場準備しているかどうかは不明である。

・株式会社ウインライト

・株式会社カヤック

・株式会社gumi

・株式会社コロプラ

・株式会社Synphonie

・株式会社Speee

・株式会社バタフライ

・株式会社モブキャスト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Speeegumiバタフライ

企業情報(株式会社Speee)

会社名 株式会社Speee
URL http://www.speee.jp/
設立 2007年11月
代表者 大塚 英樹
決算期
直近業績 非公開
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社エイチーム)

会社名 株式会社エイチーム
URL http://www.a-tm.co.jp/
設立 2000年2月
代表者 林高生
決算期 7月
直近業績 売上高229億円、営業利益22億円、経常利益20億円、最終利益12億円(2016年7月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3662

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事