駅探に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 駅探の第1四半期は営業益53%減…スマホの普及で駅探モバイル...

駅探の第1四半期は営業益53%減…スマホの普及で駅探モバイルの有料会員が減少

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
駅探<3646>は、本日(8月8日)、第1四半期(4-6月期)の決算を発表し、売上高6億8100万円(前年同期比2.2%増)、営業利益7500万円(同53.6%減)、経常利益7400万円(同54.2%減)、四半期純利益4500万円(同51.6%減)だった。 主力の駅探モバイルで、スマートフォンの普及に伴い、フィーチャフォン版の有料会員数が減少したことに加え、スマートフォン版のサービス開発費や販促費がかさんだことが響いた。セグメント別の状況は以下のとおり。

 

 

駅探モバイル事業は、売上高3億7700万円(同9.7%減)、セグメント利益7800万円(同54%減)だった。フィーチャフォン版の有料会員数が減少したことに加え、スマートフォンの有料会員獲得のための販促費や機能強化のための開発費などが増加した。ただ、スマートフォン版の有料会員数については10万人を突破するとともに、デラックス版会員は前年度末に比べて増加に転じた。

 

 

他方、ASPライセンス事業については、売上高3億0300万円(同22.0%増)、セグメント利益6100万円(同18.4%増)だった。乗換案内ASPサービスのロイヤリティー収入が堅調に推移したこと、スマートフォン対応案件を受注したことが奏功した。

 

■2013年3月期の見通し

2013年3月期は、売上高26億1200万円(前期比3.9%減)、営業利益5億円(同17.9%減)、経常利益5億0100万円(同17.9%減)、当期純利益3億0900万円(同10.9%減)を見込む。

 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 駅探

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事