SKYOVER(スカイオーバー)、Exys、Google Play、App Storeに関するイベント記事

TGS2017特集ページ

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2017】Exysと26、ドラマチック時空RPG『スカイオーバー』を共同出展 VRアニメーションなど4種類の体験コーナーを展示

2017年09月13日 22時56分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Exysと26は、9月13日、9月21日より千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」にドラマチック時空RPG『SKYOVER(スカイオーバー)』を出展すると発表した。

<以下、プレスリリースより>

特設サイトURL:http://exys2008.com/event/tgs2017/

当ブースではドラマチック時空RPG『SKYOVER(以下、スカイオーバー)」の体験版をプレイできるコーナーのほか、『SKYOVER VRアニメーション』の体験コーナーを用意。 Exysで展開中のサービス「Exvision(読み:イクスビジョン)」で活躍中のYoutuberが公開収録を行うExvisionステージでのイベントも行います。 



◆視点キャラクター選択可能なVRアニメーション作品 
『SKYOVER VRアニメーション』は、スカイオーバーの主人公トットとチビナスが、魔 者(まもの)ケットシーやファフニールと旅をしている最中に、魔者ニーズヘッグの襲撃 を受けるハプニングを描いた5分程度のショートVRアニメーションです。

キャラクターを選択してそのキャラクターの目線で物語を体験できる仕様が最大の特徴 となっており、選択できるキャラクターはトット、ケットシー、ファフニール、そして主 人公たちを襲うニーズヘッグの4種類です。展開されるアニメーションが同一でありなが ら、それぞれのキャラクターによって役割が異なるため、動きの激しさや戦闘への参加な ど、選択したキャラクターごとに異なった体験ができます。特に注目したいのは強力な魔 者ニーズヘッグの視点です。ニーズヘッグは空を飛ぶ大きなドラゴン。自分自身がドラゴンになって大空を駆け、主人公たちを襲う様子を体験できます。 



キャラクター選択画面で見やすさ や、酔いやすさなどの指標が表示され ているので体験する際には自分の体 調に合わせてキャラクターを選択し てください。 (※ニーズヘッグは特に視線が大きく動くため3D酔いしやすい方はご注 意ください。) 
 
『SKYOVER VR アニメーション』の配信は未定です。そのため、東京ゲームショウ2017 がこのVRアニメーションを体験できる少ないチャンスとなります。お見逃しのないようご利用ください。 


■『SKYOVER(スカイオーバー)』

 

公式Twitter

Google play

App Store


© two-six Inc.
© Exys Inc.


リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( App StoreSKYOVER(スカイオーバー)Google Play

ピックアップ

出展企業ピックアップ