うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live、KLabに関するイベント記事

TGS2017特集ページ

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2017】KLab、最新情報発表ステージで「Project PARALLEL(仮)」や『禍つヴァールハイト』など今後の新作ラインアップを発表!

2017年09月24日 11時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

9月21日~9月24日までの期間、幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2017(以下、TGS2017)」。KLab<3656>ブースでは、9月21日にステージで最新情報発表を行った。その模様をお届けする。

「KLabGames」最新情報発表は、「東京ゲームショウ2017」のKLabGamesブースにて行われ、2017年さらにはその先のKLabGamesにおけるゲーム展開コンセプトを「Japanese IPs(日本のIP)」、「Global Growth(海外展開)」、「Original Creations(オリジナルIP)という3つの軸に基づいて紹介する最新情報の発表。


▲冒頭、KLabの森田英克氏(専務取締役CGO)が「「Project FORCE」の正式タイトル発表のほか、様々な最新情報をお届けします。今後のKLabGamesにご期待ください」と挨拶。


■KADOKAWAとの共同メディアミックスプロジェクト「Project PARALLEL(仮)」

まずORIGINAL CREATIONSの新たな作品として、この日初公開されたのが、「Project PARALLEL(仮)」。「Project PARALLEL(仮)」は、「魔法」×「アイドル」をテーマとしたKLabとKADOKAWAによるメディアミックスプロジェクトで、楽曲制作にあたり、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが参加する。


ステージに登壇したのは、KADOKAWAの横山憲二郎氏(プロデューサー)と、KLabの北牧涼輔氏(プロデューサー)。


「キラキラ美しい世界を作りたい。テーマは魔法とアイドルとなっていて、設定やストーリーなどかなりおもしろいものができているので自信を持って皆様遊んでいただけると思います」(北牧氏)、「この世界観を演出する制作陣も、あさのハジメさん(シナリオ)、
U35氏(キャラクターデザイン)、村山吉隆氏(世界観設定協力)ずじ氏(コンセプトアート)など豪華です」と、同プロジェクトの魅力について語った。


▲安齋由香里さんがティアラ役で出演するなど、声優陣の情報も公開された。

(C)KLabGames / KADOKAWA

■「Project FORCE」の正式タイトルは『禍つヴァールハイト』
 
続いて、今年3月に発表された「Project FORCE」の続報として、正式タイトルが『禍つヴァールハイト』であることが明らかになったほか、初公開となるPVが公開された。
 
ステージには、本作プロデューサーの坂尻一人氏を始め、生田美和氏(原作、脚本担当)、横山克氏(音楽担当)Third Echoes(イラスト担当)が登壇した。


『禍つヴァールハイト』について坂尻氏は、最初に世界観を考えたときあまり王道なものにしたくなかったそうで、生田氏の世界観や、映画やアニメで活躍する横山氏、クールなイラストを手掛けるThird Echoesという本作の世界観に合う制作陣にオファーしたそうだ。

 



▲ステージでは、主人公や隊長たちのイラスト、コンセプトアートなども公開。

また、坂尻氏は「かなり背伸びをして、コンシューマに負けないものをモバイルで提供したい」、「光は通常良い印象だけど逆説的に滅びの象徴にしている」など、本作について語った。続報については来年春ごろになるとのことで、「すごいメンバーで作っていて、
要素要素に意味を持たせています。皆さんが作ってくれたものをひとつにまとめるのが僕の仕事なので、今後も全力でやっていきます」と意気込みを述べた。

(C)KLabGames

■『キャプテン翼』と『うた☆プリ』がグローバル展開

続いて、GLOBAL GROWTHの最新情報として、『キャプテン翼~たたかえドリームチーム~』の海外版『CAPTAIN TSUBASA:DREAM TEAM』が発表された。


▲KLabのユナ・マチュー氏(グローバルマーケティングディレクター)とモウブレー・マーク氏(グローバルPRディレクター)。

また、『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』の海外展開も明らかになり英語圏(欧米、オセアニア等)、繁体字中国語圏(台湾、香港、マカオ等)からリリースがスタートする予定であるとのことだった。


■JAPANESE IPsでは「幽☆遊☆白書 ゲーム化第2弾」が決定
 
最後に発表されたJAPANESE IPsでは、アクセルゲームスタジオと共同開発中の「幽☆遊☆白書 ゲーム化第2弾」のタイトル名が『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』に決定した。


 


▲キャラボイスもメインキャストをそのままに世界観を再現している。

原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社
(C)KLabGames/AXEL GameStudio Inc.

また、「ラブライブ!」シリーズの新展開として、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(以下、スクスタ)』を2018年配信予定であることを発表した。

 
このように3つの軸でそれぞれ魅力的なゲームを発表したKLab。今後の各タイトルの動向から、目が離せない。



リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( うたの☆プリンスさまっ♪Shining LiveProject PARALLEL東京ゲームショウ2017(TGS2017)

ピックアップ

出展企業ピックアップ