ソフトバンクグループに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外展開記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソフトバンク、中国最大級のAndroidアプリストア「Wan...

ソフトバンク、中国最大級のAndroidアプリストア「Wandoujia」の筆頭株主に 持ち株比率は最大30%

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク<9984>は2月12日の決算説明会で、中国最大級のAndroidアプリストア・検索エンジンである「Wandoujia」の筆頭株主となったことを明らかにした。現在の持ち株比率は15%で、オプションを行使すれば30%まで上昇するという。

同社の孫正義社長は、中国のスマートフォンはAndroid端末のシェアが大きいが、googleではない「オープンAndroid」のシェアが高いと指摘。それぞれの「オープンAndroid」上に独立系のアプリストアが乱立している状況を説明した。
 


Wandoujiaの普及率(新規Android端末における比率)は50%超で、ユーザー数も3億人を突破したという。孫社長は「中国における重要なAndroidアプリケーションストアの立ち位置をすでに持っている」と強調した。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソフトバンクグループ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事