フレイムハーツに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームM&A記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ハーツユナイテッドグループ、プレミアムエージェンシーを買収…...

ハーツユナイテッドグループ、プレミアムエージェンシーを買収…株式の45.8%を取得、役員も派遣

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
ハーツユナイテッドグループ<3676>は、本日(2月28日)、プレミアムエージェンシーの株式を取得すると発表した。既存株主から発行済み株式7690株のうち2790株を取得するとともに、プレミアムエージェンシーが実施する第三者割当増資で1350株を引き受ける予定。保有比率が45.8%となる。

すでに基本合意書を締結しており、4月1日に株式を取得する予定。同時に、取締役の過半数を派遣するとのこと。これにより、プレミアムエージェンシーは、ハーツユナイテッドグループの連結子会社となる。

ハーツユナイテッドグループは、ソフトウェアの不具合を検出するデバッグ事業を主力事業とし、主にコンシューマゲーム、モバイルアプリ、アミューズメント機器を対象に、独自のデバッグサービスを国内外に展開している。他方、プレミアムエージェンシーは、3DCGグラフィックエンジン「千鳥」のほか、コンシューマーゲームやソーシャルゲームの企画・開発を行っている。

今回、プレミアムエージェンシーを連結子会社とすることで、ハーツユナイテッドグループとプレミアムエージェンシーの得意とする分野やサービスを横断的かつ垂直的に融合させ、その事業基盤を共有することで、開発からデバッグまでの一貫した受注体制をグループ内に構築する、としている。

これにより、双方の顧客基盤を活かした営業展開のほか、デバッグ事業で培ったユーザー目線のデバッグノウハウを上流工程である企画・開発段階に反映させることで、より高品質なコンテンツ開発が実現するほか、グループ内のサービスの拡充により、さらなる競争優位性の確立を図っていく。

なお、譲渡する既存株主は、テクノロジーベンチャーズ2号投資事業有限責任組合、ニッセイ・キャピタル4号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合、みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合、ITYバリューアップ投資事業有限責任組合と、いずれもVC系のファンドとなっている。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( デジタルハーツホールディングスフレイムハーツ

企業情報(株式会社デジタルハーツホールディングス)

会社名 株式会社デジタルハーツホールディングス
URL https://www.digitalhearts-hd.com/
設立 2013年10月
代表者 玉塚元一
決算期 3月
直近業績 売上高173億5300万円、営業利益17億3500万円、経常利益17億8200万円、最終利益12億円(2018年3月期)
上場区分
証券コード 3676

企業情報(株式会社フレイムハーツ)

会社名 株式会社フレイムハーツ
URL https://www.flamehearts.co.jp/
設立 2003年5月
代表者 林 昌伸
決算期 3月
直近業績 非公開
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事