天下統一クロニクル、サイバーエージェント、Amebaに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > サイバーエージェント、『天下統一クロニクル』の「天下統一戦」...

サイバーエージェント、『天下統一クロニクル』の「天下統一戦」の結果を発表…天下統一県は北海道に!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
サイバーエージェント<4751>は、本日(4月3日)、スマートフォン向けご当地バトルゲーム『天下統一クロニクル』で3月25日~3月30日に行われた、天下一の都道府県を決定するゲーム内イベント「天下統一戦」で、北海道が天下統一県となった、と発表した。

本作は、全47都道府県の中から選択した県にゆかりのある戦国武将や偉人、特産品などが描かれたカードを集めながら他県のプレイヤーと戦い、同じ県を選択したプレイヤーと共に47都道府県の中で1位を目指すゲーム。同じ県のプレイヤーと地元の話題で盛り上がるなど、ゲームを通じたコミュニケーションも魅力の一つで、2012年8月の開始以来、人気を集め、現在、240万人以上のユーザーが利用している。

今回の「天下統一戦」イベントでは、所属地方内の1位となる盟主県を決定する「地方戦」、東・西日本のそれぞれの1位となる盟主地方を決定する「東西戦」、東日本VS西日本で行う「天下統一戦」の3つの戦いが行われた。

「地方戦」では北海道、神奈川、愛知、大阪、広島、福岡といった人口の多い県が地方を制覇した。続いて「東西戦」では北海道・東北地方が、関東・中部といった強豪地方を最後に逆転して、盟主地方を獲得。

最後の「天下統一戦」では、近畿を盟主地方とする西日本を、関東・中部が後押しする形で、北海道・東北を盟主地方とする東日本が勝利し、北海道が初代天下統一県に輝いたという。

事前に実施されたプレイヤーの天下統一県予想では、1位:石川県、2位:神奈川県、3位:千葉県だったが、それに反し、イベント期間中には北海道が約9万のすべての戦いを通して、1位で勝ち抜いたとのこと。

天下統一県となった北海道は、次回「天下統一戦」開戦までは、攻防+10%の効果がもらえ、天下統一地方となった北海道・東北地方には、攻防+5%の効果が付与される。次回の「天下統一戦」は4月23日頃に行う予定だ。


 


 



■『天下統一クロニクル』

PC向け

スマートフォン向け
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( サイバーエージェント天下統一クロニクル

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事