ユニデンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ユニデン、ゲーム事業で特別損失を計上…ソフトウェアの減損損失...

ユニデン、ゲーム事業で特別損失を計上…ソフトウェアの減損損失1.94億円

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ユニデン<6815>は5月14日、2014年3月期の連結決算を発表し、ゲーム事業で特別損失が発生したと発表した。採算性の悪いゲームについては減損を実施。同日発表した資料によれば、ソフトウェアで1.94億円の減損損失を特別損失に計上した。ゲーム事業には子会社のニンジャドライブ(現・家庭教師合格センター)や、e-Dragon Powerが含まれており、スマートフォン向けソーシャルゲームの提供や、家庭教師の斡旋事業、ドラッグストアの運営を手掛けてきた。

ゲーム事業全体の売上高は3.57億円だった。スマートフォン向けゲーム事業では課金収入が想定を下回った一方、家庭教師事業が堅調に推移。ニンジャドライブのドラッグストア店舗を閉鎖し、店舗閉鎖損失も特別損失に計上した。

同社は、ニンジャドライブの商号を4月4日付で家庭教師合格センターに変更すると発表(関連記事)。またe-Dragon Powerは、スマホアプリ『おしおき☆パンチガール!!!』、『スカイラグーン~失われた大地~』、『ゴッドオブスフィア~千年少女と七つ首のオオドラゴン~』、『たたかえっ!ぱんどせる!!』の4タイトルを、2014年5月中にサービス終了すると発表している(関連記事)。

なお、ユニデンの2014年3月期決算の内容は、売上高が前の期比24%減の209億円、営業利益は9.94億円(前の期は11億円の赤字)だった。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ユニデンe-DragonPowerニンジャドライブ

企業情報(株式会社e-DragonPower)

会社名 株式会社e-DragonPower
URL http://e-dp.jp/
設立 2013年1月
代表者 星野直彦
決算期
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事