GameAudience、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームMarketing記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > サイバーエージェント、スマートフォンネイティブゲーム特化型D...

サイバーエージェント、スマートフォンネイティブゲーム特化型DMP「GameAudience」がFacebook広告に対応…波多江直彦氏と羽片一人氏にショートインタビュー

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
サイバーエージェント<4751>は、本日(6月9日)、スマートフォンネイティブゲーム特化型DMP(データマネジメントプラットフォーム)「GameAudience」がFacebookが提供するカスタムオーディエンス機能を活用したターゲティング広告への配信対応を開始したと発表した。

スマートフォンネイティブゲーム特化型DMP「GameAudience」は、ゲーム提供企業が自社のゲームユーザーを分析するツールで、サイバーエージェントのアドテクスタジオが提供している。ソーシャルゲームユーザーに特化した項目設計・複数ゲームを横断した分析が行える。ユーザー定着率や課金率、所属ギルドなどを分析・セグメント化することで、企業のマーケティング効率を高めることができるという。サービスの詳細は関連記事を参照のこと。 
 

今回の配信が可能になったことにより、新規ゲームのプロモーションや、既存ゲームへの呼び戻しを効率的に行うことが可能になる。また、オーディエンスの類推拡張機能を利用することで、課金ユーザーや定着率の高いユーザーなど、自社の優良顧客と類似性の高いユーザーに対しても、広告を配信することが可能となり、効果的に新規ユーザーを拡大することができる、としている。

今回、「GameAudience」のプロダクト責任者である波多江 直彦氏と、プロダクトマネージャー羽片 一人氏にショートインタビューを行ったので掲載しておこう。

―――:今回、「GameAudience」が「Facebook 広告」に対応することになった経緯を教えてください。

波多江氏:「友達経由でゲームを知ったり、友達とスコアを競ったり、友達とギルドを構成して一緒に遊んだりと、ゲームとソーシャルグラフの相性はとても良く、ゲーム会社のマーケティングにとってもfacebookは重要なマーケティングプラットフォームであると認識しており、このたび「Facebook広告」に対応するための開発に取り組みました。

―――:今回の対応によってどういったことが可能になるのでしょう。

羽片氏:スマートフォンゲーム各社はGameAudienceとFacebookを合わせて活用することで、新たな広告配信が可能になります。例えば、
①アプリインストール直後のユーザーを呼び戻しきっかけを増やしハマってもらう
②大型のアップデートやイベントをアプリインストール済みのユーザーに絞って告知
③既存ユーザーと似ているデモグラフィックや似ている嗜好性の人へ配信
といった配信が可能となり、ヘビーユーザーを増やしたり、新規ユーザーを効率的に獲得することができます。


―――:今後の展開を教えてください。

波多江氏:今後の「GameAudience」については、独自の機能やパートナーメディア様独自の機能と掛け合​わせて、新しい効果的なマーケティング手法を開発し、ゲーム会社様のマーケティング支援を行ってまいります。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( GameAudienceサイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事