キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎、ディー・エル・イー(DLE)、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > DLE、アップルから「偽物」扱いでリジェクトされたアプリ『キ...

DLE、アップルから「偽物」扱いでリジェクトされたアプリ『キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎』のiOS版が再申請を経て配信開始

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディー・エル・イー<3686>は、本日(8月18日)、タカラトミーと協同開発したiOS/Android向けゲームアプリ『キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎』のiOS版を配信開始した。本作はファミコンゲーム「トランスフォーマー コンボイの謎」のリメイク版だ。

iOS版については、アップルから「偽者じゃないか?」という理由からリジェクトされ、公開が延期になっていたが、再申請のうえ、『本物』であることがアップルに認められ、待望のアプリリリースへとこぎつけることがでた模様。なお、11月にはタカラトミーから「キュートランスフォーマー」の玩具が続々と発売され、来年1月からは、「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」のアニメ放送を予定している。

■伝説のムリゲー「コンボイの謎」とは?
1986年タカラ(現タカラトミー)から発売されたファミコンゲーム「コンボイの謎」。当時「コンボイが死んだ」キャンペーンが行われ何故コンボイが死んだのか「君の手でコンボイの謎を解け!」という触れ込みで販売された。

不可思議なバランスの高難度アクションゲームとして多くの少年の心を打ち砕くムリゲー(クリアするのは本当に無理と感じるような難易度の高いゲーム)だったことはかなり有名で、レトロムリゲーランキングの中では常に上位に入るほど有名なゲームなのだ。
 

■「コンボイの謎」をキュートランスフォーマーのゲームアプリとしてリメイク
そして今回、その伝説のムリゲーを「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」として無料スマホゲームで配信開始。人気のランニングアクションゲームに姿を変えつつも、ファミコン時代に味わった理不尽さをしっかりと再現。20秒生き残れたらプロ級かも!?

登場するキャラクターはキュートランスフォーマーとなっており、オプティマスプライム、バンブルビーの2体を選んで使用することができるのも魅力。さらに今秋に発売されるおもちゃ購入で遊べるキャラクターも増える予定となっているので、期待しよう。
 

 
■かんたん操作で超絶難易度のステージを切り抜けろ!
ロボットモードからビークルモードへトランスフォーム。2ボタンを駆使して難関ステージを駆け抜けよう。
 

 
■多彩な敵と巨大ボスが君を待ち受ける
フィールドエリアに待ち受ける障害物も、すり抜ける強力な雑魚キャラや、ジャンプしたところに何故かいる障害物キャラ。さらにボスエリアではアニメでおなじみの敵キャラがボスで登場!「秘密結社鷹の爪」のDLEがあの伝説のムリゲーをまさかのゲームアプリ化!
 

 
■多種多様なステージ
宇宙、遺跡、機械都市などバリエーション豊かなステージが待ち受ける。中には迷路のようなステージも…。キミはこの謎を解くことができるか!?

■Facebook、Twitterと連携
Facebook、Twitterで自分のプレイ結果を友達に自慢しよう。ゲーム内ランキングで上位を目指せ!
 
 

Google Play

公式サイト



Developed by ORSO inc. / Published by DLE Inc.
(C)TOMY/(C)キュートランスフォーマープロジェクト
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎ディー・エル・イー(DLE)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事