コーエーテクモホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コーエーテクモ、第2四半期の営業益予想を22億円から27億円...

コーエーテクモ、第2四半期の営業益予想を22億円から27億円に上方修正 利益率の高い製品の売上比率上昇や営業外収益の拡大で 統合以来最高の売上・利益に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コーエーテクモホールディングス<3635>は、本日(9月29日)、第2四半期累計(2014年4~9月期)の連結業績予想を上方修正し、営業利益22億円から27億円に、経常利益を35億円から54億円に、四半期純利益を24億円から35億円にそれぞれ引き上げた。修正率は、営業利益が22.7%増、経常利益54.3%増、四半期純利益が45.8%増となる。売上高については、160億円と従来予想から変更なし。売上高、営業利益、経常利益、四半期純利益とも、経営統合以来、上半期としては最高となる見通しとなった。

 


同社では、上方修正の理由について、利益率が高い売上の構成比率の上昇やコスト低減に加え、金融市場における円安、株高などを背景に営業外損益が大幅に向上するため、と説明している。

また売上高については、「真・三國無双7 Empires」の発売時期を9月から11月に延期したものの、「ゼルダ無双」、PlayStation4向け「無双」シリーズがそれぞれワールドワイドベースで好調な販売となったという。さらに、主力ソーシャルゲームが計画を上回って推移したほか、ダウンロードコンテンツの伸長やイベント事業の活況もあり、全体としては概ね当初予想の水準を確保する見通し。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモホールディングス

企業情報(コーエーテクモホールディングス株式会社)

会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高346億円、営業利益62億円、経常利益88億円、当期純利益56億円(2013年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3635

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事