GMOインターネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > GMO、第3四半期は増収・営業減益…新ドメイン「.tokyo...

GMO、第3四半期は増収・営業減益…新ドメイン「.tokyo」のプロモーション投資や一時費用で ゲーム関連もゲームポット効果で増収も赤字幅拡大

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
GMOインターネット<9449>は、この日(10月31日)、第3四半期決算を発表しており、売上高799億円(前年同期比14.2%増)、営業利益85億円(同0.6%減)、経常利益84億円(同1.0%減)、四半期純利益39億円(同5.7%増)だった。

 


主力のインターネットインフラ事業は好調に推移し、特にEC関連サービスが拡大したことで増収を確保したものの、新ドメイン「.tokyo」へ積極的なプロモーション投資を行なったことに加え、第1四半期にアクセス事業で一時費用を計上したことにより、営業利益、経常利益は前年同期並みにとどまった。

セグメント別では、ゲーム関連事業は、売上高32億円(同51.5%増)、営業損益が9億円の赤字(同8億円の赤字)となった。GMOゲームポットが連結に加わったことで売り上げが大きく伸びたものの、赤字幅が拡大した。内製化を促進するなどコストコントロールが実現できているものの、ヒットタイトルの創出が課題になっているという。

「幻想のミネルバナイツ」「征戦エクスカリバー」をはじめとした複数の既存タイトルが引き続きGoogle Play売上ランキングに定着しているほか、LINEとの協業タイトル「LINEドリームガーデン」が新たな柱になりつつある、としている。

その他のセグメントの状況は以下のとおり。
 



■2014年12月期の見通し

2014年12月期は、売上高1050億円(前期比12.1%増)、営業利益125億円(同13.6%増)、経常利益125億円(同14.2%増)、当期純利益55億円(同4.9%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事