アエリアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームM&A記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アエリア、リベルエンタテインメントを買収…スマホゲーム事業を...

アエリア、リベルエンタテインメントを買収…スマホゲーム事業を強化 リベルは『乖離性ミリオンアーサー』に開発協力、自社タイトル『アイ★チュウ』も提供予定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
アエリア<3758>は、4月24日、リベル・エンタテインメントを株式交換を通じて買収すると発表した。効力発生日は6月1日で、交換比率は、リベル株式1株に対して、アエリア株式を4161株割り当てる。本日、リベルの臨時株主総会を開催し、株式交換が承認可決されたとのこと。

今回買収するリベルは、ソーシャルゲームとコンシューマーゲームの受託開発を行っている。スクウェア・エニックスで配信中のスマートフォン向けタイトル『乖離性ミリオンアーサー』の開発協力を行っているほか、新たに恋愛リズムアドベンチャー『アイ★チュウ』のパブリッシング事業に参入することを明らかにしており、各所で注目を集めた。


【関連記事】
リベル・エンタテインメントがパブリッシング事業に参入…第1弾は恋愛リズムゲーム『アイ★チュウ』 井口祐一さん、KENNさん、豊永利行さんら27名の声優が参加


また、リベル代表の林田氏は、1983年4月にセガ・エンタープライゼス(現セガゲームス)に入社後、世界的なヒット作である「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の企画及びゲームデザイン担当として活躍し、同社タイトル「アレックスキッド」、「ファンタシースター」、「シャイニングフォース」の開発にも携わった。

アエリアでは、PCオンラインゲームで運営ノウハウと開発力を培ってきたアエリアと、コンシューマーゲームとスマートフォンゲームで実績をもつリベルが、コンテンツの共同開発と効率的な運営をすることで、アエリアのオンラインコンテンツ事業の基盤強化に貢献することが期待できる、と説明している。リベルにとっても資金面での制約が緩和され、両社のさらなる発展につながると判断したとのこと。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アエリアリベル・エンタテインメント

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高158億7100万円、営業利益26億9100万円、経常利益27億6000万円、当期純利益20億8000万円(2017年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

企業情報(株式会社リベル・エンタテインメント)

会社名 株式会社リベル・エンタテインメント
URL http://liberent.co.jp/
設立 2006年9月
代表者 林田 浩太郎
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事