VOYAGE GROUPに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームM&A記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > VOYAGE GROUP、「logly lift」のログリー...

VOYAGE GROUP、「logly lift」のログリーと「乗りものニュース」のメディア・ヴァーグの第三者割当を引き受け…両社とも持分法適用会社に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
VOYAGE GROUP<3688>は、6月11日、ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」を運営するログリーと、交通にまつわるコンテンツメディア「乗りものニュース」を運営するメディア・ヴァーグの第三者割当増資を引き受け、両社を持分法適用関連会社とすることを発表した。なお、どちらの案件も払込期日は6月30日の予定。
 

■ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」を運営するログリー


ログリーは、自然言語処理や機械学習といったデータ解析技術に強みを有したテクノロジー企業。アドテクノロジー業界でも先駆けとなるネイティブ広告プラットフォームの「logly lift」や、広告主の広告効果最大化を支援するプラットフォームである DSP(Demand SidePlatform)の「logly DSP」などを提供している。

VOYAGE GROUPは、連結子会社VOYAGE VENTURESを通じて、2011年8月にログリーの株式を取得し、ログリーの取締役として、VOYAGE GROUPの取締役である古谷和幸を派遣し、主にアドテクノロジー事業における協業関係を構築することで、両社の事業の拡大に取り組んできた。

今回、さらにログリーの第三者割当増資を引き受け、同社を持分法適用関連会社化することにより、両社の協業関係をさらに強固なものとし、これまでのSSP領域に加え、ネイティブ広告やDSPといった領域への事業の拡大にも取り組んでいく方針だ。

なお、VOYAGE GROUPが引き受ける第三者割当増資は2万5000株、総額3億円で、議決議決権所有割合の16.79%を保有することになる。
※VOYAGE VENTURESの保有する8600株を合わせると、3万3600株(議決議決権所有割合22.57%)
 
 

■「乗りものニュース」を運営するメディア・ヴァーグ


ディア・ヴァーグは大手ニュースメディアや記者とのネットワークやオリジナル記事の制作力に強みを持った企業。自社メディアである交通インフラにまつわるコンテンツメディア「乗りものニュース」の運営に加え、野球・MLB の総合コラムサイト「フルカウント」やサッカー専門のネットメディア「フットボールチャンネル」といった他社との協業メディアの運営を行っている。

VOYAGE GROUPは、これまでメディア・ヴァーグの運営メディアに対して、アドテクノロジー事業のサービス提供を通じた広告収益最大化の支援を行ってきており、両社は、良好な協業関係を構築してきた。

今回、メディア・ヴァーグの第三者割当増資を引き受け、同社を持分法適用関連会社化することにより、両社の協業関係をさらに強固なものとし、メディア・ヴァーグの運営メディアにおけるVOYAGE GROUPのアドテクノロジー事業の活用を一層促進するとともに、両社の持つノウハウを活用した良質な新規コンテンツメディアの開発など、新たな取り組みを進めていくとしている。

なお、VOYAGE GROUPが引き受ける第三者割当増資は1879株、総額4998万円で、議決議決権所有割合の20.03%を保有することになる。また、第三者割当増資引受に伴い、取締役1名を派遣する予定だ。
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事