超合体魔術ロボ ギンガイザー バトルオンライン、プロディジに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【TGS2015】プロディジ、「バーチャル肝試し」と6月にリ...

【TGS2015】プロディジ、「バーチャル肝試し」と6月にリリースしたスマートフォンアプリ『ギンガイザー バトルオンライン』の対戦ゲームを出展

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
プロディジは、2015年9月17日~20日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京ゲームショウ 2015」のスマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナーに出展する。

今年は、「バーチャル肝試し」と6月にリリースしたスマートフォンアプリ『ギンガイザー バトルオンライン』の対戦ゲームを出展する。「バーチャル肝試し」は、スマートフォンアプリ、Oculus Riftそして360度モニターで囲まれた異次元空間「The Zone*」(協力:ゾーン株式会社)の3つのゲームで構成されている。

まずはスマートフォンアプリの『暗闇坂アパート』で軽く肝試しを体験。続いてOculus Riftによる墓場の中での仮想現実的な肝試し、そしてその中に浮かび上がる廃虚へ足を踏み入れると…。

360 度モニターで囲まれた廃墟「The Zone」の中へ移動、次々と向かってくる3Dの幽霊や妖怪たちを画面タッチで撃退しながら廃虚を脱出する。今までにないバーチャルリアリティーな肝試しを体験しよう。

なお、こちらのコーナーでは高得点を出すと、同社オリジナルTシャツがプレゼントされる。 

※「The Zone」:全天モニターに囲まれたポッドの中で映像と音、振動を全身で浴びる新感覚VRを体験できる。



また、同ブース内で6月にリリースしたスマートフォンアプリ『ギンガイザー バトルオンライン』による対戦ゲームを開催する。このゲームは、1977年に放送されたアニメ「超合体魔術ロボ ギンガイザー」を日本アニメディア(協力:ジェイ・アニメ・ドットコム)との共同企画にてオンラインバトルゲームのスマートフォンアプリとしてリリースした。

忠実に再現されたAKIBAの街を舞台に3Dモデルとして蘇った4体の巨大ロボットを操り、ほかのプレイヤーたちとの対戦が体験できる。対戦中の内容は実況モニターで投影するので参加していなくても楽しめる。

こちらのコーナーではバトル戦で優勝しすると、同社オリジナル缶バッチがプレゼントされる。

また、今年もiPad専用ゲームアプリの『アキバマン』がゲームから飛び出し、プロディジのブースにアイドルと共に現れ、一緒にゲームを楽しむことになる。



<プロディジブース出展概要>
会期
・ビジネスデイ:2015年9月17日(木)、18日(金) 10:00~17:00
・一般公開日:2015年9月19日(土)、20日(日) 10:00~17:00

会場:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬 2-1)国際展示場1-11ホール、幕張イベントホール、 国際会議場

プロディジブース:展示ホール 4 4-C15 スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー

出展ゲーム:
【バーチャル肝試し】
・スマートフォンアプリ「暗闇坂アパート」
・VR ヘッドセット Oculus Rift「肝試し」
・The ZONE「廃虚からの脱出」

【ギンガイザー対戦大会】
・スマートフォンアプリ
『超合体魔術ロボ ギンガイザー バトルオンライン』

【スマートフォンアプリ】
・アキバマン
・Fit for Rhythm
・Zombie Tunes
・カラークイズ ヒラメッキー!
・宇宙探検ロケット
・火星人襲来
・地底人襲来
・ギガンダーX 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東京ゲームショウ2015(TGS2015)超合体魔術ロボ ギンガイザー バトルオンラインプロディジ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事