gumiに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(9/15)】新作タイトル公開のメディア工房が...

【ゲーム株概況(9/15)】新作タイトル公開のメディア工房が後場に入ってS高 TSG2015での新作情報への期待でgumiが急反発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
9月15日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりに反発し、前日比60.78円高の1万8026.48円で取引を終えた。前日までの3日続落への反動に加え、日銀の金融政策決定会合で追加緩和策が出るのでとの期待感から朝方から買いが先行し、一時は上げ幅が350円超に達する場面があったが、金融政策の現状維持が伝わると次第に上げ幅を縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、メディア工房<3815>が後場に入ってストップ高買い気配となるなど急騰した。同社は、新ゲームブランド「OBOKAID’EM」の新作ゲームタイトル5タイトル(『PICK-XELL-ピックセル-』『Bermuda treasure』『2016 -WORLD CRISIS-』『Lady Diamond』)を明らかにし、うち4タイトルのティザーサイトを公開したことが材料視されたもようだ。

【関連記事】
【インタビュー】真の意味の「Worldwide」実現へ メディア工房の新ゲームブランド「オボック」の戦略をキーマンに訊く 初公開の新作も紹介


また、前日は売られたgumi<3903>が急反発した。11日に発表した決算発表は市場の失望を誘う格好になったものの、開催が間近に迫った「東京ゲームショウ2015」で新作ゲーム2タイトルの情報が明らかになることへの期待感が高まっているようだ。この2タイトルはFuji&gumi Gamesに譲渡する形で事業が展開される予定であり、現在上位タイトルとして定着しつつある『ファントム オブ キル』と同様、フジテレビとの連携がタイトルの成功につながるのでは、という思惑も働いているようだ。

【関連記事】
gumi國光社長「開発中の新作2タイトルの譲渡はフジテレビ、Fuji&gumi Gamesとの協業をより深くするため」 『ファンキル』での成功モデルを活用
Fuji&gumi Games、『ファントムオブキル』に続く新作スマホアプリ2本を「TGS2015」で発表! ゲストにでんぱ組.inc、内田真礼、小松未可子ら
gumi、開発中の2タイトルをFuji&gumi Gamesに譲渡 3.32億円の特別利益計上 フジメディアHDとの連携で大ヒット狙う
 

ほか、シリコンスタジオ<3907>が大幅続伸し、ミクシィ<2121>やDeNA<2432>がしっかり。

半面、前日は大幅続伸したAiming<3911>が利益確定売りに押され、サイバーエージェント<4751>やenish<3667>もさえない。前日に君島氏の新社長就任(関連記事)を発表した任天堂<7974>も4日続落に終わった。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( メディア工房gumi

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

企業情報(株式会社メディア工房)

会社名 株式会社メディア工房
URL https://www.mkb.ne.jp/
設立 1997年10月
代表者 長沢 一男
決算期 8月
直近業績 売上高24億円、営業利益7億円、最終利益4億円(2014年8月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3815

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事