クルーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/10)】QonQで業績改善のクルーズと...

【ゲーム株概況(11/10)】QonQで業績改善のクルーズと海外ゲームのライセンス獲得のコムシードがS高 4Qの大幅減益を嫌気し、KLabが大台割れ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
11月10日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら5日続伸し、前日比28.52円高の1万9671.26円で取引を終えた。朝方は売り先行のスタートとなったものの、10月の企業倒産件数など各種指標の改善を受けて次第に下げ幅を縮小、そのままプラス圏を回復した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、クルーズ<2138>が朝高の後、一度緩んだものの、大引けにかけてストップ高した。前日9日に発表した2016年3月期の第2四半期決算が、四半期推移(QonQ)で大幅な増収増益となった(関連記事)ことが材料視されている。利益率の低いインターネットコマース事業の売り上げが伸びため、全体の利益率は低下したものの、インターネットコンテンツ事業も『エレメンタルストーリー』などネイティブゲームの売上が拡大するなど、事業構造の変化が進みつつあることが評価されているようだ。

また、コムシード<3739>も同じくストップ高した。コムシードは、韓国EYEDENTITY MOBILEとスマートフォンゲーム『ポケット遠征隊』(日本サービス名:未定)の日本における独占ライセンス契約を締結したと発表(関連記事)しており、国内外でのパブリッシングビジネス展開に期待が高まったもよう。

ほか、イグニス<3689>やマーベラス<7844>、モブキャスト<3664>なども買われた。なお、モブキャストは新たな雇用形態「プロ契約」の採用を開始し、その第1号としてKONAMIの上席執行役員である花元眞一氏と契約(関連記事)したことも注目を集めている。

半面、KLab<3656>が朝方から売り先行の展開となり、4ケタ大台を割り込むなど急落した。9日に発表した2015年12月期の第3四半期業績が予想を下ブレしての着地となったことに加え、第4四半期予想も大幅減収減益予想を打ち出したことで、失望売りが殺到する形となったようだ。

そのほか、アクセルマーク<3624>が再び大幅安となり、大手ゲーム株やガンホー<3765>やミクシィ<2121>、コロプラ<3668>など主力株もさえない。



■関連記事
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( クルーズコムシードKLab

企業情報(KLab株式会社)

会社名 KLab株式会社
URL http://www.klab.com/jp/
設立 2000年8月
代表者 真田哲弥
決算期 12月
直近業績 売上高267億円、営業利益48億円、経常利益48億円、最終利益31億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事